Places

ブライトン・ショアハム空港

by  Hokuto Takemoto

目次

ブライトン・シティ空港は、イングランドの南海岸、ワージングから東へ5マイル、ブライトンから西へ7マイルのショアハム・バイ・シーにある。空港へはA27号線で簡単に行くことができ、ターミナルビルから1.5マイルのところに中央駅も位置している。また、バスやタクシーも利用できる。

営業時間

空港は毎日運行中。

  • 月曜日~金曜日:8時〜18時
  • 土曜日〜日曜日:9時〜18時

ハミングバード・レストランは、月~金が8時半~14時半、週末9時~2時半で、ロックダウン規制のためテイクアウトのみの営業となっている。

空港はコロナの緩和措置を遵守しているため、訪問者は顔を覆うものを着用し、南側から入り、空港の東側ゲートから出るという一方向の移動が義務付けられている。

アール・デコ様式のブライトン・ショアハム空港ビル

アール・デコ様式のブライトン・ショアハム空港ビル

トリップアドバイザー(スクリーンショット)

到着と出発

発着情報はオンラインでも閲覧可能:

https://flybrighton.com/arrivals-departures/

連絡先および所在地

公式ウェブサイト:https://flybrighton.com/

電話番号:01273 467376

Eメール:reception@flybrighton.com

住所:

Brighton City Airport
The Terminal Building
Cecil Pashley Way
West Sussex BN43 5FF

座標:50°50'8.978" N -0°17'41.918" E

ローカルタウン

  • ショアハム・バイ・シー:飛行場から東へ1マイル
  • ブライトン:飛行場から東へ7マイル
  • ワージング:飛行場から西へ5マイル

鉄道駅

最寄駅:ショアハム・バイ・シー

ロンドン、ブライトン、ワージング、サウサンプトン、ポーツマス、チチェスター行きの各列車が発着。

空港タクシーサービス

カーキャブ:+44 (0) 1273 414141

宿泊施設とレンタカーサービス

  • 電話:+44 (0) 1273 467 374
  • 電話:+44 (0) 1273 467 375
  • ファックス:+44 (0) 1273 467 350

ライブカメラ

ブライトン・シティ空港最長の滑走路02の離着陸をオンラインで視聴可能。

ブライトン・シティ空港からのライブ・オンライン・ストリーム

ブライトン・シティ空港からのライブ・オンライン・ストリーム

世界中の空港から毎月30,000件以上のアクセスがあるストリームサービスStreamDaysに接続されたAxis Q1765-LEネットワークカメラが映像を配信。

パイロット向け情報

ブライトン・シティ空港に関する詳細情報は、以下のリンクから入手可能:NAT e-AIP

その後、左側のパート3の 「AD 2 AERODROMES」をクリックし、下にスクロールして「EGKA SHOREHAM」をクリック。

航空管制

  • 電話:+44 (0) 844 225 4202
  • ファックス:+44 (0) 1273 467 370
  • AFTN: EGKAZTZX
  • ATIS(自動気象情報): 0844 225 4201
  • Eメール:airtraffic@flybrighton.com

PPR に関する事項

渡航機は、事前に以下の事項を電話またはEメールにて知らせる必要がある:

  1. 到着予定時刻
  2. コールサイン/レジストレーション
  3. 航空機の種類
  4. 出発飛行場
  5. 出発空港

ブライトン・シティ空港の飛行場マニュアルは、flybrighton.comで申請すれば入手できる。

パイロットはフライト前に最新のNOTAMとAIPをダブルチェックし、最新の情報を直接入手する必要がある。

犬を同伴してのフライトを希望するパイロットは、フライト前に空港の消防隊員に申し出ること。

フライトクルー電話番号:01273 467395

また、一般航空報告書を提出することにより、英国に向かうすべての一般航空便、およびアイルランド共和国、北アイルランド、チャンネル諸島、マン島、および欧州連合外の目的地に向かうすべての一般航空便について通知することが義務付けられている。

一般航空報告書の必要なファイルはすべてここからダウンロードできる:

GENERAL AVIATION REPORTおよびGeneral Aviation Report (GAR)

パイロットおよび航空会社は、GAR-フォームをダウンロードし、電子的に必要事項を記入の上、そのコピーを各国の調整部門にEメールで送信し、国境部門または警察に送付することを推奨する。

これまでの歴史

オーヴィルとウィルバーというライト兄弟が自身の開発した飛行機〈ライト・フライヤー〉で史上初の飛行に挑戦したのは1903年のことだった。飛行時間は12秒、飛行距離は120フィートだったが、歴史は永遠に形作られた。それこそが飛行機の時代の始まりである。

航空業界は急速な発展を遂げ、初飛行成功後の10年間に世界各地に空港が大量に建設された。

どれを最初の空港とすべきか、議論が絶えなかったのも不思議ではない。

現時点では、ウィルバー・ライトが1909年に設立したカレッジパーク(米国メリーランド州)が、継続的に運用されている世界最古の空港として一般に認知されている。

また、1911年1月に開港したハンブルク空港は、世界最古の民間空港として知られている。

1911年6月20日に開港したイギリス最古の空港、ブライトン・シティ空港(ブライトン・ショアハム空港とも呼ばれる)が世界最古の空港とされることもある。

ショアハム・バイ・シーでの初飛行は1910年のこと。操縦したのは、イギリス航空界のパイオニアのひとりであり、才能ある芸術家、イラストレーターでもあったハロルド・H・ピファードだった。

当時のエピソードによれば、その主な目的はパブのオーナーであるサセックス・パッド・インのアルフレッド・エヴァンスからシャンパンの木箱を勝ち取ることだったという。

もし、ピファードが飛行機が置かれているフィールドの長さを飛ぶことができれば木箱を手に入れることができる、というものだ。そして、彼はそれを証明した。

1910年は、正式なターミナル・オープンの日ではなく、ショアハム創立の年と考えられていることが多い。

インドの紅茶農園で働き、後にイギリスのアクロバット一座で天賦の才能を発揮したハロルド・ピファードは、予想に反して航空に目を向けた。そして飛行機への強い憧れから、アビエーターズ・ファイナンス・カンパニーが設立された。

友人で会社の共同経営者であったジョージ・ウィングフィールドとともに、彼らはショアハム・バイ・シーに格納庫付きの土地を借り、航空学を実践し、飛行体を試した。時が経つにつれ、試験飛行が行われたその地はショアハム空港となったのである。

ショアハム・バイ・シーの飛行場

ショアハム・バイ・シーの敷地は、1910年以来、飛行場として使用されてきた。

ハロルド・H・ピファードがここで工学的実験や飛行体の試作を行ったほかにも、当時の卓越した飛行家たちがショアハムの空を飛んでいたのだ。アリオット・ヴァードン・ロー(エイブロ社の創設者)、ジョン・アルカン・バイ・シー(エイブロ社の創設者): アリオット・ヴァードン・ロー(アブロ社の創設者)やジョン・アルコック(大西洋無着陸横断飛行の先駆者)である。

また、大会や フェスティバルも行われた。1911年にはショアハム飛行場でサーキット・オブ・ブリテンとサーキット・オブ・ヨーロッパのエアレースが開催。

1911年7月4日、ホレイショ・バーバーがヴァルキリー単葉機を操縦し、オスラム・ランプの委託品を隣のホーブに届けたとき、ショアハムは世界初の航空貨物輸送の発送地となった。

第一次世界大戦が始まる前、ショアハム飛行場は著名な英国航空界のパイオニア、セシル&エリック・パシュリーが飛行訓練学校を設立し、航空機工学の共同研究を行った場所であった。

1914年、第一次世界大戦が始まり、ショアハム飛行場は軍に接収され、王立飛行隊の訓練基地として使用された。そしてまさにここから、英仏海峡海戦に参加するためのイギリス軍航空隊の初飛行が行われた。

RFCの飛行隊はモーリス・ファルマンのロングホーン複葉機を装備し、その最高速度は時速59マイルだった。これがかつてないほどの大きな変革であったことはいうまでもない。

新米パイロットは武器の方位取りと航空操縦の講習を終えるとすぐに、ショアハムから西部戦線に派遣された。

同じく軍用航空に参加したエリック・パシュリーは1917年に戦死。

当時、セシル・パシュリーはパイロットの訓練を行っており、1926年にショアハム・サザン・エアロ・クラブが設立されると、彼はその教育を継続した。

セシルは第一次世界大戦中ずっと飛行教官を務め、20世紀には誰よりも多くの人に操縦を教えた。セシル・パシュレイはその長い生涯で約2万時間を飛行し、77歳で亡くなった。

パシュレイは航空業界の原点に立ち返り、その知識と経験の見地から航空業界を発展させることに尽力した秀でた飛行家であった。

ショアハム・バイ・シーの道路とバスには、セシル・パシュリーの名が冠されている。

戦争が終わると、新しく編成されたカナダ空軍はアッパー・ヘイフォードからショアハムに移り、教育、学習、そして飛行場に保管されていた65機のドイツ軍戦闘機の試運転に時間を費やした。

そこでの活動は1921年12月まで保留された。

ショアハムでの飛行は、セシル・パシュレイがマイルズ兄弟と協力してグナット・エアロ・カンパニー社を設立した1925年末に復活した。

飛行場は1920年代後期から目覚ましい発展を遂げ、さまざまなフェスティバルやエアロクラブ・ミーティングが開催されるようになった。

空港としての発展

1928 年、ショアハムは空港として生まれ変わる。ブライトン、ホーブ、ワーシングの住民が領地を買い取り、リバプール・ジョン・レノン空港の設計にも携わった有名な航空プロモーター、アラン・ コブハム卿にこの改革を任せた。

投資家たちは、1920年代から1930年代にかけての有力な産業分野として航空に大きな期待を寄せ、これに資金を投じた。

ショアハム空港ターミナルの建設は1934年に始まった。

このひときわ目立つアール・デコ調のランドマークは、1930年代に成功を収めた建築家で、1939年にはベルファスト・ハーバー空港とリーズ・ブラッドフォード空港も設計したR・スタヴァース・ヘッセル・ティルトマンによって設計された。

しかし、後者については残念ながらその歴史的アイデンティティはすでに失われている。

ターミナルは、1934年から1935年にかけてジェームズ・ボディ社によって55,000ポンドで建設された。

建物は、1930年代から1940年代にかけて流行した流線型のモダンなアール・デコ様式で、立方体、円錐形、曲線的なフォルムを用いてデザインされた。

1930年代のショアハム空港

1930年代のショアハム空港

写真:エミリー・カーター

以前から使われていた木造の格納庫は、コンクリートとスチールの組み合わせに改築された。元の骨組みは鋼鉄製で、西と東の壁に2つの翼と傾斜があった。

屋根は鋼鉄の角材、壁はガラスとコンクリート、床は鉄筋コンクリートのスラブで構成されていた。

2つの入り口ドアは北西に開いていた。

1936年6月13日、この洗練されたアール・デコ調のターミナル・ビルは、ブライトン、ホーブ、ワージングの市長らによって正式に開業した。

建物は当時の姿のまま保存され、現在も一般公開されている。また、このターミナルは格納庫とともに、1990年計画法に基づく特別建築ランドマークに指定されている。

ショアハムが空港として生まれ変わった後、発着便数は大幅に増加した。

ブリストル、カーディフ、リバプール、マンチェスター、ジャージー、ル・トゥーケ、ドーヴィルなど、多くの都市が就航先となった。

チャネル・エア・フェリー、レイルウェイ・エア・サービス、ジャージー航空などが、この空港を利用し始めた。

サセックス海岸とその他の遠隔地を結ぶ定期旅客便が就航するまでには2年を要した。

ショアハム上空は、多くの有名人を集めた航空ショーの会場となった。

例えば、ロンドンからオーストラリアまで単独飛行した初の女性飛行士エイミー・ジョンソンが1930年に立ち寄ったのがその一例である。

1927年の大西洋単独横断で有名な名パイロット、チャールズ・リンドバーグもまた、著名な訪問者の一人であった。

第二次世界大戦中のショアハム

もし第二次世界大戦が始まっていなければ、ブライトン・シティ空港は繁栄を極めていただろう。

1937年、ショアハムは王立飛行隊志願予備軍の基地となった。

その後、クロイドン空港(ロンドン)の代わりとなり、イギリスの主要な国際民間空港となったが、その歴史は長くはなかった。

サベナ、DDL、KLMオランダ航空、ブリティッシュ・エアウェイズの前身であるインペリアル・エアウェイズなどの航空会社が、コペンハーゲン、アムステルダム、マルメ、ブリュッセルに就航していた。

1940年5月、空港の役割は再び変わった。225飛行隊が国境をパトロールするためにここを拠点にしたのだ。

ショアハムはまた、損害を受けた航空機と96戦闘飛行隊の緊急着陸地でもあった。

1941年には、277航空海難救助飛行隊がここを拠点とした。

格納庫は爆撃で損傷したが、幸いにも骨組みは破壊されなかった。その後、修復が行われ、運用が続けられた。ショアハムの大修理は1950年に実施された。

空港は何度も空爆の標的となったが、ターミナルビルは無傷だった。

ショアハムは、1942年の伝説的なジュビリー作戦(ディエップ空襲)が計画された場所である。

1944年のノルマンディー上陸作戦(Dデイとして知られる)では、この空港にフランスの新鋭戦闘機隊が配備された。

戦後の時期

第二次世界大戦が終わると、ショアハム空港は徐々に再建された。1946年、民間飛行が再開された。

1951年中頃、フレッド・マイルズとその弟ジョージが航空機製造を指揮するために戻ってきた。

その後10年間ほどは、イギリスの航空機製造業界は不況に見舞われ、多くの老舗企業がブリティッシュ・エアクラフト・コーポレーション傘下に収められた。

FGマイルズ社のような小さな会社には提携先や 共同経営者が必要だったため、新たに設立されたビーグルがそれらを引き継いだ。

フレッド・マイルズはショアハム空港を修理したが、それはビジネスの遂行には必要なかった。

ショアハムは航空機部品の製造場所となったため、空港そのものはしばらくの間機能しなくなったからである。

1962年、FGマイルズ社はビーグル・エアクラフト社という名前でオースターに買収された。それ以来、格納庫はしばらくの間、機械の作業場となった。

その後、ビーグル・エアクラフト社は、エアレースに参加する航空機を製造し、数々の賞を勝ち取っていった。

しかし、アメリカのメーカーに次第に冷遇され、1970年に会社は倒産した。

そして1971年、ショアハムは市営空港として地元自治体に引き渡されたのである。

空港の復興

1971年まで、ブライトン、ホーブ、ワージングの地元コミュニティが共同でショアハムを管理していたが、その同盟にはショアハム・バイ・シーのコミュニティは含まれていなかった。

そのため、何度か対立が起こり、空港はたびたび損害を被った。

たとえば、芝生の滑走路は、特に悪天候のときに利用するには適していなかったにもかかわらず、長い間硬質のコーティングに変えられなかった。

芝生が雨で滑りやすくなり、事故が起こりやすくなるのは当然のことである。

しかし、この問題に対処し、さまざまな対策を講じるのに10年もの歳月を要した。

舗装された滑走路ができたのは1981年。また、その間に空港の拡張に関する多くの計画が練られ、短距離旅行の出発地としてどれだけ便利かがチェックされた。

1982年、空港は旅客サービスと一般航空に焦点を当てた即時かつ定期的な増便計画をもって再出発した。

このように復活した旅客輸送のスケジュールは、不況が始まる1980年代末まで存続した。

2000年代

空港は負債を抱えるようになり、多額の投資が求められるようになった。

複数のテナントが、ショアハムの歴史的・建築的統一性を維持しようと最善を尽くした。

2006年6月、共同所有者の一人であるエリナス・グループは、負債が40億ポンドに達したと発表。その後、地元当局は空港を150年リースで売却した。

アルベマール・ショアハム空港社は2006年にエリナス・グループの持ち株を買い取り、空港をリニューアルすると発表した。

2014年5月2日、ブライトン・シティ・エアポート・カンパニーはアルベマール・ショアハム・エアポート・リミテッドから空港を償還し、所有者を一本化した。

現在、正式名称はブライトン・シティ空港だが、一般的にはショアハム空港として知られている。

空の旅はすぐに復活し、空港は近隣のコスト、特にブライトンとホーブへの民間便の数を増やし、質を向上させることが期待された。

RAFAショアハム・エアショー

空港が新しい名前に変わり、装いも一新してから1年後、この空港は新聞やテレビのニュースに取り上げられるようになった。

しかし、その理由は決して穏やかなものでない。

伝統あるショアハム・エアショーは、かつて英国空軍協会が定期的に開催していた見世物で、25年にわたって世界中から観客を集めていた。

2015年8月25日、エアショーに参加していたホーカー・ハンター機がブライトン・シティ空港近くのA-27道路に墜落。

その結果、11人が死亡するという事故が起きてしまったのだ。

それ以来、ショーは開催されていない。

現在の様子

現在、ブライトン・シティ空港(EGKA)は、ショアハム空港としても知られ、さまざまな飛行学校の自家用軽飛行機や自家用飛行機一般によく使われている。

イングランド南部の海岸沿いで、息をのむようなさまざまなフライトを提供しているのが特徴だ。

空港内にはスカイサウス航空をはじめ、さまざまな飛行学校、個人所有の小型機、商業輸送サービス会社など約30の企業が乗り入れている。

重要なイベントやビジネスミーティングのためにヘリコプターや自家用飛行機をチャーターすることも可能だ。

また、南西部やサウスダウンズ国立公園の壮大な緑の丘の上空で、子供の頃の夢を叶える操縦体験も。

ブライトン・シティは、レジャーやトレーニングに人気のある飛行場だ。ブライトン・シティは、レジャーや訓練に人気のある飛行場であり、ヨーロッパ各地の数多くの目的地を網羅する900マイルの距離の中で利用できる小型機にとって完璧な港である。

近代的な滑走路、照明、燃料補給システム、航空管制システムを備えた英国最古の飛行場となっている。

ターミナル内には、旅客ラウンジ、レセプション、レストラン、バー、会議室、そしてカンファレンス・ルームがある。

また、オフィシャルガイドツアー、展望エリア、ピクニックのためのスペースや駐車場も完備。そのほか、必要な税関や出入国管理サービスのリストも用意されているので安心だ。

アートとしての価値と魅力

ブライトン・シティ空港は、近代的な空港に比べればこぢんまりとしている。ここには猥雑さ、慌ただしさ、威圧感はない。

正面玄関を入っても、無限に続く店や免税店があるわけでもなく、ただ飛行場で待つ飛行機への出発ゲートがあるだけだ。

そこでゆっくりしていると、グローバル化の過程で失われた乗客、飛行機、建物がどのように相互につながっていたかを、単純に理解していた時代にタイムスリップしてしまう。

ほとんどすべてが1930年代のままなのだ。

ターミナルビルは、何度かの改築修理と、オリジナルの南側に後から建てられた管制塔を考慮しなければ、ほとんど変わっていない。

管制塔の上部にある小さなガラスの骨組みである展望室も、照明器具の大部分、1階にあるオリジナルのギャラリー、正面入り口の窓のデザインとともによく保存されている。

第二次世界大戦の被害を受けた後、再建や改築が行われたにもかかわらず、1930年代の格納庫の主要な構造と形態は当時のまま残っている。

1930年代に建設されたこの空港は、流線型の幾何学的な外観とスタイリッシュでモダンな内装が特徴で、天井の装飾から照明のスイッチに至るまで、オリジナルや復元されたアール・デコの要素がふんだんに取り入れられている。

ターミナルは生き生きとした飛行場への入り口となり、そしてサウス・ダウンズ国立公園の丘の間に位置する印象的なゴシック様式のランシング・カレッジ・チャペルへと続く。

時を経て、この保存状態の良いアール・デコ調のターミナル・ビルは、映画撮影で絶大な人気を誇るようになった。

ショアハムは、映画『ポワロ』や『オー!ホワット・ア・ラブリー・ウォー』など、多くの映画やテレビシリーズに登場している。

2005年、ショアハム空港は『ダ・ヴィンチ・コード』でパリのル・ブルジェ空港として、『ウーマン・イン・ゴールド』ではウィーンの空港として描かれた。

2015年夏、ブライトン・シティ空港は、ルディメンタルとマーク・ロンソンをフィーチャーした第1回ワイルド・ライフ・フェスティバルを開催し、「ベスト・ニュー・フェスティバル」賞を受賞。

もしストリームライン・モダン建築が好きなら、ショアハムから飛行機で行ける場所のひとつにリバプール・ジョン・レノン空港がある。

そのターミナルビルは、ショアハムから3年後の1939年にオープンした。

ショアハム空港は映画のロケ地であるだけでなく、作家たちのインスピレーションの源でもある。

航空史家のピーター・C・ブラウンはその著書の中で、このまさに初期イギリス航空の拠点の歴史について語っている。

ビジネス提携

現在、ブライトン・シティ空港は以下の企業とパートナーシップを結んでいる:

  • A2Bヘリコプターメンテナンス
  • アードバーク・エンジニアリング・リミテッド
  • エアロAC
  • AETS・リミテッド
  • AIG
  • ア・グリーナー・オルタナティブ
  • AJウェイト - T/Aランデアマリン
  • アコースティック・アソシエイツ・サセックス・リミテッド
  • アドバンスヘリコプター
  • エアパイロット・パブリッシング
  • アポロ・エアクラフト・メンテナンス
  • アセット・プロ
  • アスタリスIT&マーケティング
  • ATGオートチューニング
  • ブルースカイ・ビジネス・センター(ショアハム)リミテッド
  • ボナー・エンジニアリング
  • ブライトン・アビエーション
  • ブライトン・シティエアポートビジターセンター
  • ブライトン・シティエアポート レセプション
  • ブライトン&ホーブ・ラジオ・キャブ
  • クレームサーブ
  • コリン・クリーバー
  • コースト・ディスレクシア
  • コマンダー・ブラック
  • コンシェルジュ・ウェルス・マネジメント
  • コックス・パワートレイン
  • イースタンアトランティックヘリコプターズ
  • フライト・キャリブレーション・サービス
  • フライト・パフォーマンス・トレーニング
  • FTAグローバル
  • ゴッシャーズ・ランドリー・リミテッド
  • GSMアクティベート
  • H I T トレーニング
  • ジェットスペース
  • ジェットフライトトレーニング
  • ジョン・アンド・ジンジャー・リミテッド
  • K B アビエーション
  • ロンドン・ヘリコプター・チャーター
  • マックス・ワックス・フリート
  • マリン&アビエーション・エレクトロニクス・リミテッド
  • メディカル・デバイス・トリートメント・リミテッド
  • ノースブルック・メトロポリタン・カレッジ
  • ペリーエアフライングスクール
  • プーリーソード
  • ラピトランス・リミテッド
  • リモート・ビジュアル・インスペクションズ
  • リカルドUK・リミテッド
  • ショアハム・ヘリコプターズ
  • サウスコースト・アビオニクス
  • サウスコースト・フライング・クラブ
  • ザ・ハミングバード・レストラン
  • トランセア・フライト・イクイップメント
  • トランスポート・コマンド・リミテッド
  • ヴァンワークス
  • ヴァイブラテクニクス
  • バーチャル・エアロスペース・リミテッド
  • バーチャル・ドクターズ・オーグ
  • ビジターセンター
  • ウェーブ・ビジネス・アプリケーションズ・リミテッド

また、見晴らしの良い飛行場が見えるオフィスの一時賃貸も可能となっている。