Places

オランダ

著  Mitsuyo Yamamoto

最終更新日:
目次

オランダはベネルクス諸国で最も大きく、ヨーロッパで最も豊かな国の一つです。人々は自国の歴史と文化を大切にし、他の民族に対しても深い敬意を表します。

この地を訪れた人は皆、この場所を地上の楽園と呼びます。

一般情報

ヨーロッパで最も人口密度が高いこの国は、北海の海岸沿いに位置し、非常に便利な立地にあります。南はベルギー、東はドイツと陸続きで、西側の国境は海に面しています。イギリスへはフェリーでわずか数時間でアクセス可能です。

「オランダ」という名前は「低地の国々」を意味します。まるで海がオランダの土地の一メートル一メートルを征服しようとしているかのように見えます。実際、オランダの領土の約3分の1は海抜5~7メートル以下にあり、人口の半数以上が低地に住んでいます。多くの村や町にはアスファルトの道路がなく、地元の人々が食料品を買うためにはボートで移動する必要があることもあります。

その壮大なオランダの風景の背後には、住民たちの巨大な努力があります。彼らは洪水から土地を守るために多数のダムや砂丘を建設しました。首都「アムステルダム」の名前も、オランダ語から直訳すると「アムステルのダム」という実用的な意味を持っています。「アムステル」は、その都市を流れる2つの川のうちの1つです。オランダは以下の12の州から構成される王国です。

  • 北ホラント州(州都はハールレム)
  • 南ホラント州(州都はデン・ハーグ)
  • フリースラント州(州都はレーワルデン)
  • フレヴォラント州(州都はレリスタット)
  • リンブルフ州(州都はマーストリヒト)
  • ユトレヒト州(州都はユトレヒト)
  • 北ブラバント州(州都はスヘルトーヘンボス)
  • ゼーラント州(州都はミデルブルフ)
  • ドレンテ州(州都はアッセン)
  • ヘルダーラント州(州都はアーネム)
  • フローニンゲン州(州都はフローニンゲン)
  • オーファーアイセル州(州都はズヴォレ)

注目すべきは、フレヴォラントが1986年に設立された最も新しい州であることです。これは、王国の中央部で行われた大規模な土地改良の結果として生まれました。

そういうわけで、「神が地球を創ったが、オランダを創造したのはオランダ人だ」と言われるには理由があります。

この地域の気候は温和で、夏は暑すぎず、冬は寒すぎません。夏の平均気温は17°Cから19°C、冬は0°Cから+2°Cです。これが、極端な気温に耐えられない人々にとってオランダが理想的な場所となっている理由です。

オランダの人口は1700万人で、その生活水準は世界でも最高レベルの一つです。この王国は、欧州連合で第4位、世界では第13位に位置しています。オランダ語は国の公用語ですが、市民は多言語を話します。ほとんどの成人と子供たちは流暢に英語を話し、多くの人々がドイツ語も話します。

通貨はユーロ、2002年にギルダーに代わって導入されました。

アクセス方法

オランダは世界中の観光客にとって魅力的な旅行先であり、毎年約1000万人が訪れます。この国を最も頻繁に訪れるのは、アメリカ人、イギリス人、そして最も近い隣国であるドイツ人とベルギー人です。

この国を訪れる予定の方は、訪問者の国籍、訪問先、滞在期間に応じてビザが必要になる可能性があることを知っておく必要があります。オランダへは陸路、空路、海路からアクセスできます。

陸路でのアクセス

陸路はドイツやベルギーを通り、高速鉄道やバスに適した完璧な路線があります。たとえば、ベルリンからアムステルダムまでの鉄道での旅行は約6時間半かかり、平均して100ユーロがかかります。

同じルートをバスで行く場合は、10時間かかりますが、料金は半額の30ユーロから50ユーロです。

ブリュッセルからオランダの首都までは、鉄道で2時間かかり、60ユーロがかかります。観光客がフルプライスを支払う場合、バス旅行の料金は24ユーロです。特別オファーやチケットを3か月前に予約すると、旅行費用は11ユーロや9ユーロまで下がります。

運転を好む人は、車をレンタルすることをお勧めします。ヨーロッパでは、このサービスは1日あたり約70ドルで利用できます。もう一つの選択肢は、特別サービス代理店が提供するプライベートトランスファーです。ブリュッセルからアムステルダムまでの移動時間は約3時間です。

アムステルダムのバイク

アムステルダムのバイク

スクリーンショット

飛行機によるアクセス

各州には空港があり、できるだけ早く目的地に到着したい場合は、飛行機のチケットを予約することをお勧めします。フライトは、王国で最も歴史ある航空会社であるKLMオランダ航空が運航しています。

100年以上前に掘削された湖の跡地に建設されたスキポールは、アムステルダムの国際空港です。現在、6つの滑走路があり、これはヨーロッパで4番目に大きな空港です。

海路でのアクセス

カレーとダンケルクの2つの港はアムステルダムへのアクセスを、ハルの港はロッテルダムへのアクセスを提供するフェリーサービスを提供しています。フェリーは2時間ごとに運行され、所要時間は1時間45分です。

宿泊施設の選び方

アムステルダムは物価の高い都市ですが、それが必ずしもホテルの部屋に多額を支払うことを意味するわけではありません。手頃な価格のバジェットホテルもあり、観光客を快適に収容できます。オランダのホスピタリティ業の価格政策はコロナウイルスのパンデミックによって影響を受け、価格は3分の1に下落しました。

市中心部のホテルを選ぶ際には、いくつかの点を考慮する必要があります。例えば、これらのホテルはすべて300年から400年の歴史を持つ古い建物にあり、エレベーターがなく、部屋は小さく低く、階段は円形で狭く急です。そのため、重いスーツケースを持っての階段の上り下りは大変です。

すべてのホテルで朝食が提供されるわけではありませんし、提供されたとしても大抵は非常にシンプルです。観光客は、少量の紅茶やコーヒー、バターを塗ったサンドイッチ数個、チーズとソーセージのスライス数枚でお腹が空いてしまうリスクがあります。しかし、ほぼどこにでも1階にはスナックや飲み物を提供する24時間営業の自動販売機があります。

アムステルダムのホテルの大きな利点は、ほとんどの観光地に近いことです。空港からは車で約30分、公共交通機関を利用してアムステルダム中央駅まで7分から15分かかります。

アムステルダム建築

アムステルダム建築

ストックフォト

アムステルダムで予算に優しい上位5つのホテルとホステルは以下の通りです。

  • Hotel V Frederiksplein は、市中心部のダム広場近くにあり、周辺には多数の店舗やレストランがあります。部屋には中央暖房、バスルーム、大きなベッド(フルとキングサイズ)が備えられており、禁煙ルームも利用可能です。 
  • Flipper Hotel は中心部からそれほど遠くない場所に位置しており、部屋は小さめですが清潔で、スナックを楽しむための設備(ケトル、紅茶・コーヒー、砂糖、クリーム)が整っています。共用バスルームにはシャンプーと石鹸が提供され、追加料金で朝食も利用できます。 
  • La Belle Vue は、歴史的なショッピングギャラリー内にあるホテルで、建物は非常に美しく、部屋は小さいながらも居心地の良い空間が提供され、スタッフは親切です。 
  • DiAnn は、暖かく清潔で快適な部屋を提供する小規模なホテルです。スタッフの対応は非常に親切で、部屋にはバスルーム、冷蔵庫、セーフティボックスが装備されています。 
  • Anna-Maria は、最小限の設備を備えた手頃な価格のユースホステルです。日曜から木曜にかけては特に料金がお得で、週末は通常よりも高くなります。部屋は広くありませんが、最大で10床のベッドを収容できます。無料Wi-Fi、ケトル、朝食やスナックを作るための電子レンジが利用可能で、バスルームは清潔です。

オランダの観光スポット

この西欧国家の主要都市の歴史は13世紀から15世紀に遡り、観るべきものがたくさんあります。また、オランダは何世紀にもわたりヨーロッパの文化と建築の発展の中心でした。修復家たちの努力によりよく保存された絵画、家屋、橋は、世界中から芸術愛好家を魅了します。

建築

オランダの都市の歴史的建築には、その独特で認識しやすい外観があります。斜めの切妻屋根を持つ3階建てや4階建ての家々が互いに隣接して建っており、数えきれないほどの運河の沿いの狭い通りや堤防で密集しています。

この事実の背景にはシンプルな説明があります。オランダでは、土地の一メートル一メートルが金と同じくらいに価値があったのです。そのため、中世の建築家はしばしば、家を互いから1メートルも離して建てる余裕がありませんでした。

都市の中心部の通りは非常に狭く、「裏通り」と呼ぶに相応しいです。そこでは家々が窓越しに向かい合っており、細身の人が2人かろうじてすれ違うことができる程度の距離にあります。

都市の中心部は、水豊かな川の岸に500年から800年前に建設されたため、多くが杭の上に建てられています。アムステルダムには「家で跳んだり、大きな音を立てて歩くと、家が水に沈むかもしれない」という言い伝えがあります。

何世紀にもわたる後、一部の杭は崩れ始めています。これらの古い家が両側から支えられていなかったら、今にも崩れ落ち始めるでしょう、現代の建築家のあらゆる試みにもかかわらずです。

運河

オランダの多くの都市は海抜以下にあり、運河とその堤防がヴェネツィアを思わせる美しさを持っています。

アムステルダムの運河をモーターボートで巡る体験は、見逃せません。壮大な景色とツアーガイドの生き生きとした話に心を奪われ、感動に満ちた体験となることでしょう。

アムステルダムの運河

アムステルダムの運河

写真はskyticket.jpより

チーズマーケットフェスティバル

オランダ訪問では、絶品のオランダチーズを楽しむことが欠かせません。このヨーロッパの「チーズの中心地」では毎年、通常の市場を超える華やかなチーズメーカーの祭典が開催されます。

フェスティバルは、ゴーダ、エダム、アルクマール、ホールン、ウールデンの5つの都市でのみ行われ、それぞれがチーズの品種にちなんだ名前で知られています。ほとんどのフェスティバルは夏に開催されますが、アルクマールのチーズ市場だけが3月末から9月にかけて開かれます。

少々の刺激

オランダは、人の弱さをこんなにもポジティブに捉える場所として特に有名です。アムステルダムはその最先端を行く都市で、特に有名なのがデ・ウォーレン、レッドライトディストリクトです。ここでは、窓越しの売春、エロティック映画館、ヌード雑誌、そして大麻を楽しめるコーヒーショップがあります。

コーヒーショップでは、大麻を合法的に喫煙や購入ができます。ただし、未成年者への販売や一人当たり5グラム以上の販売は禁止されています。

オランダの観光地トップ10

オランダを訪れる観光客は時間に追われがちです。驚くべき数多くの魅力的なスポットが存在するため、どこを訪れるか選ぶのが一苦労です。

オランダで絶対に訪れるべきトップ10の場所は以下の通りです。

  • ライクスミュージアムは、首都に位置する最大の美術館で、フラマン派の絵画の著名なコレクションが展示されています。ブリューゲル兄弟、ポール・ブリル、ヤン・ファン・デル・ストラートなどの名作が含まれています。
  • キューケンホフは、アムステルダムからそれほど遠くない天国のような場所です。国立花園は非常に珍しい種の植物を誇り、公園が満開になる数ヶ月間、この鮮やかな景色を楽しむことができます。
  • アンネ・フランクの家は、旅行に少しの悲しみを加えます。この心を揺さぶる戦時中の日記を記した小さなユダヤ人の少女の伝記博物館です。この家は、悲しみと人類への永遠のファシズムの警告の場所です。
  • ロッテルダム海洋博物館では、実物の船、戦場のパノラマ、船員の装備、その他多くの興味深い展示が見られます。
  • キューブハウス(ロッテルダム)は、45度に傾斜する革新的なデザインで知られる、オランダの建築家ピート・ブロムの構想によるものです。これらの住宅は、市内で最も権威のある地区の一つとされています。
  • ドム教会(ユトレヒト)、別名聖マルティン大聖堂は、高さ112メートルで、16世紀にゴシック様式で建設されました。
  • ゾンネンボルフ天文台はユトレヒトにある天文学博物館で、地元大学の一部として設立されました。ここは長年オランダ王立気象研究所の所在地でもありました。
  • ハーグのビネンホフは、かつてはの王室の住居で、現在はオランダ首相の事務所が置かれています。
  • リッダーザールはビネンホフ内にある、玉座の間がある城で、毎年オランダ国王がそこで演説を行います。
  • ダム広場とアムステルダム王宮は、君主家が所有する3つの宮殿のうちの1つで、公式行事がない日には観光客に開放されています。

これらはヨーロッパの最も魅力的な地域の見どころ全てではありませんが、間違いなく、王国全体を探索し、毎日新たな発見に満ちたツアーを楽しむには、数年かかることでしょう。

オランダの食文化

オランダの料理と言えば、ニシンチーズが真っ先に思い浮かぶかもしれません。実際、これら二つの食材が数世紀にわたってオランダを世界に知らしめたのです。

オランダ料理

オランダ料理

ストックフォト

真のオランダ体験を求めるなら、チーズフェスティバルを訪れるか、地元の人々が楽しむように、頭上に持ち上げて尾から一口ずつ食べる、ピクルスに漬けたオイリーなニシンを試してみることです。

地元の人々はこの魚を大変重宝しています。オランダ料理には、焼いたり、漬けたり、揚げたりした魚を使った数百のレシピが存在します。

オランダ人には肉も欠かせません。ホットポットはマッシュした野菜と牛肉で、ハッチポットは肉シチューに人参、ジャガイモ、玉ねぎを加えたものです。これらの料理は、どのカフェやレストランのメニューにも登場します。

別の地元の料理として、ジャガイモ、玉ねぎ、人参などを煮込んでマッシュしたスタンプポットがあります。この料理は、ソーセージや小さなミートボールと共に供されることも、単品で出されることもあります。オランダ人は様々な方法でジャガイモを食べることを楽しみますが、特にマヨネーズを添えたフレンチフライは地元で最も人気のファストフードです。

甘いものに関しては、オランダの人々はキャラメルフィリングの入った特徴的なワッフルであるストロープワッフルやリコリス菓子、リコリス製のその他のデザートも好んでいます。カスタードのようなプディングは非常に人気があり、バニラ、チョコレート、フルーツなど様々なフレーバーがあります。リンゴとホイップクリームをトッピングしたスポンジプディングも、お気に入りの一つです。

レストランやカフェは、国の多様性を反映して、非常に国際的です。アムステルダムやその他の都市訪問は、イタリアンのピザ、アラブのキブベ、トルコのスイーツ、ロシアのキャビアブリニなど、さまざまな国の料理を味わうことが、訪問をさらに楽しいものにしてくれます。

オランダに関する興味深い5つの事実

オランダには、その魅力的な建築や見所を超えた、歴史や現実の中に多くの珍しい点があります。オランダ王国のイメージを完結させる5つの事実を紹介します。

  • 2020年1月1日から、この国を「ホラント(Holland)」と呼ぶことはできません。政府の決定によって、「ホラント」という名前だけが使用されます。「ホランド」という名前は、南ホランド州と北ホランド州にのみ適用されます。
  • 一国に二つの首都があります。公式にはアムステルダムが首都で、ハーグはオランダ政府の所在地です
  • この国は自転車愛好家の天国で、自転車の数は地元住民の数をはるかに上回り、世界で最も低い自転車事故率を持っています。
  • カリブ海のボネール、シント・ユースタティウス、サバの3つの島もオランダ王国に属し、その市民はオランダの選挙に参加する権利があります。
  • 人間の弱さへの寛容さはオランダ人の精神を象徴しています。この精神が、2001年に世界で初めて同性婚を合法化した背景にあります。

チューリップ、風車、チーズの国、オランダは、訪れたならば真のヨーロッパを体験できるでしょう。