Teams

ギャンブラーズ・アノニマス日本とは

目次

ギャンブラーズ・アノニマス日本はギャンブル依存症を手助けするための自助グループです。全国で定期的にミーティングを開いており、ギャンブルをやめたいと思う人であれば誰でも参加できます。

ギャンブラーズ・アノニマス日本とは

ギャンブル依存症からの回復を目指す人が集う自助グループ「ギャンブラーズ・アノニマス日本」について詳しくご紹介します。

ギャンブラーズ・アノニマスは1957年にアメリカで発足、日本では1989年に原宿グループが誕生しました。

ギャンブラーズ・アノニマス(Gamblers Anonymous)の「アノニマス」とは「匿名の」という意味で、その名の通り、参加は匿名で行うことができます。また、ギャンブル問題の影響を受けた家族や友人のためには「ギャマノン」という自助グループがあります。

ギャンブラーズ・アノニマスの特徴

ギャンブラーズ・アノニマス(GA)は、特定の宗教や政治、団体に属せず、自分たちの献金で自主運営されています。回復のプログラムと一致の為のプログラムという2つのプログラムに沿って運営されており、参加資格もなく、メンバー登録や申し込みなどといった手続きも一切要らず、ギャンブルをやめたいと思った方は誰でも参加が可能です。

自分で参加したい会場の場所と時間、スケジュールを確認し、ミーティングに参加すればOKで、会費も徴収されません。

GAはギャンブルに対して問題を抱えている人が、自主的にミーティング場に足を運んで、他のメンバーの話を聞き、自分の話をして、ギャンブル依存症に向き合う場となっています。

ギャンブル依存症について

アメリカ精神医学会では借金をしてまでギャンブルをしたり、ギャンブルをすることで苦しんだり周りを巻き込んでいる人のことを「ギャンブル依存症」とは言わずに「病的ギャンブル」や「強迫的ギャンブル」という呼び方をしています。

GAでは強迫的ギャンブルを病気と捉えており、「完治することはないが進行をとめることはできる」という考え方で問題に向き合っています。強迫的ギャンブルは金銭的な問題だけではなく感情的な問題であり、ギャンブル依存症からの脱出は一生をかけた大きな仕事であると受けとめています。

つまり、強迫的ギャンブラーというのは実は重い病気にかかった人間で、支援プログラムに従っていけば回復に向かうという方針であり、自分の性格を少しづつ変えていくことによって、ギャンブル依存症から抜け出せると考えているのです。

ギャンブラーズ・アノニマスの活動

GAでは週に何回か会場を借りてミーティングを行なっており、互いの過去の経験や現在の状況を報告し合います。基本的にお互いの話を聞くだけで、議論などは行いません。

アルコール依存症の自助グループであるAA(アルコホーリクス・アノニマス)と同じく12ステップと呼ばれるプログラムを推進しており、心のもやもやとしたものを解き放ち、希望を分かち合うという目標を持ちながら、自分自身の生き方の問題点に目を向けるというやり方でミーティングが行われます。

日本のGAでは各地方にブロックを置き、その下部組織として地区委員会を設置、

GAのメンバーは各グループに所属して、グループの運営や役割に携わっています。もちろんグループに所属していないメンバーもおり、また、自分の所属グループ以外のミーティング会場を訪れることも可能となっています。

ギャンブラーズ・アノニマスの会場

GAには北は北海道から南は沖縄まで日本全国各地にグループがあり、グループ単位でミーティングを開催・運営しています。現在200近くのグループが存在しており、ミーティングに参加したい場合は会場を直接訪ねるか、GAの公式サイトに記載されている各会場の問合せ先に連絡してから訪ねればOKです。

【全国のミーティング会場】

  • 北海道・東北地区

    (北海道・青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)

  • 関東地区

    (茨城・栃木・群馬・千葉・埼玉・東京・神奈川・山梨)

  • 東海中部・北信越地区

    (静岡・長野・岐阜・愛知・三重・新潟・富山・石川・福井)

  • 近畿地区

    (滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)

  • 中国・四国地区

    (鳥取・島根・広島・岡山・山口・香川・徳島・愛媛・高知)

  • 九州地区

    (福岡・佐賀・長崎・大分・熊本・宮崎・鹿児島・沖縄)

ギャンブラー依存症チェック

ギャンブラー依存症チェック

以下はギャンブル依存症でないかどうかをチェックするためにギャンブラーズ・アノニマスが提供している20の質問です。7つ以上当てはまる人はギャンブル依存症である可能性が極めて高いとされています。

  1. ギャンブルのために仕事や学業がおろそかになることがありましたか?
  2. ギャンブルのために家庭が不幸になることがありましたか?
  3. ギャンブルのために評判が悪くなることがありましたか?
  4. ギャンブルをした後で自責の念を感じることがありましたか?
  5. 借金を払うためのお金を工面するためや、お金に困っているときに何とかしようとしてギャンブルをすることがありましたか?
  6. ギャンブルのために意欲や能率が落ちることがありましたか?
  7. 負けた後で、すぐにまたやって、負けを取り戻さなければと思うことがありましたか?
  8. 勝った後で、すぐにまたやって、もっと勝ちたいという強い欲求を感じることがありましたか?
  9. 一文無しになるまでギャンブルをすることがよくありましたか?
  10. ギャンブルの資金を作るために借金をすることがありましたか?
  11. ギャンブルの資金を作るために、自分や家族のものを売ることがありましたか?
  12. 正常な支払いのために「ギャンブルの元手」を使うのを渋ることがありましたか?
  13. ギャンブルのために家族の幸せをかえりみないようになることがありましたか?
  14. 予定していたよりも長くギャンブルをしてしまうことがありましたか?
  15. 悩みやトラブルから逃げようとしてギャンブルをすることがありましたか?
  16. ギャンブルの資金を工面するために法律に触れることをしたとか、しようと考えることがありましたか?
  17. ギャンブルのために不眠になることがありましたか?
  18. 口論や失望や欲求不満のためにギャンブルをしたいという衝動にかられたことがありましたか?
  19. 良いことがあると2、3時間ギャンブルをして祝おうという欲求がおきることがありましたか?
  20. ギャンブルが原因で自殺しようと考えることがありましたか?

他のギャンブル関連自助グループ

NPO法人「全国ギャンブル依存症家族の会」

  • 公式サイト:gdfam.org
  • 住所:〒162-0805 東京都新宿区矢来町131番地
  • 電話:090-1404-3327
  • Fax:047-381-4123

ギャンブル依存症問題を考える会

  • 公式サイト:scga.jp
  • 住所:〒104-0033 東京都中央区新川1-21-5茅場町タワー105号
  • 代表電話:03-3555-1725
  • 相談専用電話番号:070-4501-9625

ギャンブラーズ・アノニマスの連絡先

GA日本インフォメーションセンター

  • 公式サイト:gajapan.jp
  • メールアドレス:gajapan@rj9.so-net.ne.jp
  • 住所:〒242ー9017 神奈川県大和市大和東 3-14-6 KNハウス101
  • 電話:046-240-7279(電話対応時間は毎月最終週の日曜日11:00~15:00)
  • Fax:050-3737-8704