Places

イギリス

by  Mitsuyo Yamamoto

目次

かつて、世界中の広い海域と土地を支配していた国、それがイギリスです。ここでは伝統が非常に重要視されています。人々は列に並ぶ習慣に慣れている一方で、憲法を一つの文書にまとめる計画はまだありません。

イギリス固有の特徴は移民の増加により徐々に曖昧になっています。そして、本当の純粋な英語を聞くのは、おそらく田舎の奥深くでのみかもしれません。

一般情報

イギリスは、ヨーロッパの北西部にあるブリティッシュ諸島に位置する国です。イングランドと、それぞれ自治政府を持つウェールズスコットランド北アイルランドの3つの国が含まれています。

これに加えて、イギリスはいくつかの小さな島からも構成されています。イギリスの主権は、14の海外領土と、ガーンジーとジャージーの王室属領、アイリッシュ海のマン島、そしてチャンネル諸島の2つの島にまで及んでいます。ただし、これらは正式にはイギリスの一部ではありません。

イギリスの気候は温暖な海洋性で、雨が多いのが特徴です。イギリス人は雨に関するジョークをよく言います。「他の国には気候があるが、イギリスには天気がある。朝に雨が降る、午後に雨が降る、もしくは一日中雨が降る。」

最も降水量が多いのは西部地域で、東部地域では少ないです。夏は通常、涼しく湿気があり、秋は長く雨が多いです。通常、冬は温暖で、雪はすぐに溶けます。

イギリスは、1707年のイングランドとスコットランドの統合法が採用された後から存在しています。1800年にはアイルランドが連合に加わりましたが、このようなイギリスの構成は約120年間しか続きませんでした。

1922年には、アイルランド自由国が完全な主権を求めました。その結果、イギリスは新たに形成された国の一部、北アイルランドのみを含む国となりました。それ以来、イギリスは正式にグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国として知られています。

この国は議会と国王チャールズ3世によって統治されている。1952年から2022年まで在位したエリザベス女王2世が最も長く国家元首として君臨した。国会は法律を制定する権利を持ち、国王はそれを承認または拒否する権利を持つ。また、国王は閣僚を任免し、必要に応じて議会を解散することもできる。他国に対する宣戦布告の権利も、イギリス軍の最高司令官である国王に属する。

チャールズ3世の戴冠式

チャールズ3世の戴冠式

写真はabcnews.comより

イギリスは依然として憲法を持っていません。すべての法律や規則は条約、規定、法令の形で存在し、その多くは数年前に採用されたもので、今日まで効力を持っています。

ケースロー(判例法)と憲法慣例は、すべての政府機関にとって特に重要です。法的判例は、さまざまな紛争があるケースにおける裁判所の決定を示しています。慣例は、その一方で、国の統治のために歴史的に形成された規則です。両方とも、執行可能な法律の地位を持っています。

英語が公用語であるにもかかわらず、王国内の各国にはそれぞれの母国語があります。スコットランドではゲール語、ウェールズではウェールズ語、北アイルランドではアイルランド語が話されています。コーンウォールでは、コーンウォール語も地域言語として認識されています。

イギリスにはさまざまな行政区画があります。イングランドは48のカウンティから成り立ち、スコットランドは32の議会地域があります。ウェールズは22の統合地方行政機構に分かれています。北アイルランドには、最近26の地区議会地域に基づいて作られた11の地区があります。

イギリスイラストマップ

イギリスイラストマップ

イラスト:マリア・ラビンキー

ロンドンは全王国の首都であり、イングランドの首都です。他の国々にもそれぞれ首都があります。ですから、エディンバラはスコットランドの首都、カーディフはウェールズの首都、ベルファストは北アイルランドの首都です。

イギリスの国境の大部分が海に面しています。イギリスは南東でフランスと接しており、二国は英仏海峡によって分かれています。唯一の陸上の国境は北アイルランドを通っています。世界で最も長いとされる50キロメートルの海底トンネルがイギリスをヨーロッパと結んでいます。高速旅客列車を使えば、ロンドンからパリまで135分で行くことができます。

2020年1月31日まで、イギリスはEUのメンバー国であり、ヨーロッパ経済地域の一部でしたが、ポンドスターリングは公式通貨のままでした。同年の最終日に、イギリスはEUを離脱しました。

行き方

イギリスへの旅行者は目的地までの移動手段としてさまざまなオプションを選ぶことができます。飛行機は時間が短縮されますが、費用は多くかかります。ヒースロー、ガトウィック、スタンステッドなどの主要な国際空港には世界中から多くの観光客が到着します。

バスやコーチ(長距離バス)は移動費用が安いですが、旅行時間は長くなります。しかし、事前にチケットを予約することが重要です。多くのイギリスのバスターミナルでは、国際的な目的地へのバスサービスが運行されています。

イギリスには広大な鉄道網があり、イギリスやヨーロッパのさまざまな都市から多くの観光客が利用します。

バーウィン駅長の家

バーウィン駅長の家

写真はhistoric-uk.comより

宿泊施設

イギリス滞在中、また他の国を訪れる際の滞在場所の選択は訪問の目的によって異なります。イギリスの都市を巡るツアーを旅行代理店で予約すれば、宿泊に関連するすべてのことを処理してくれます。 

自分で旅行を計画する場合、イングランド、スコットランド、および王国内の他の国々は、あらゆるニーズに応える多くのオプションを提供しています。年配のカップルや子供連れの家族には、多くの静かで居心地の良い宿泊施設があります。アクティブな若者や学生には、予算に優しいホステルが間違いなくおすすめです。

古城ホテル

ボヴィ キャッスル

ボヴィ キャッスル、ダートムーア国立公園、イギリス

写真はhearstapps.comより

イギリスの歴史に魅了される人々は、200年、あるいは500年から800年もの歴史を持つ城塞ホテルに滞在することに大変興奮するでしょう。これらの場所では、観光客がビクトリア時代の雰囲気に浸り、中世の精神を感じることができます。

イギリスの城塞ホテルは、通常、風光明媚な場所に位置しており、しばしば湖や川が近くにあります。それらのほとんどは家族経営のビジネスで、イングランドとスコットランドに集中しています。これらのホテルのオーナーは家族であり、経営だけでなく、建物と施設の必要な管理も行います。

最も訪れられる城ホテルには、アンバリー(サセックス、イングランド)、ストボー(スコットランド)、バーカルダイン(ベンダーロック、スコットランド)、クロスバスケット(ブランタイヤ、スコットランド)があります。

古代と現代がそこで交差しています。何世紀も前からの古い窓、ドア、暖炉、家具が今日まで残っており、スパ、フィットネスセンター、プール、おしゃれなレストランと並んで存在しています。

結婚式、新婚旅行、またはカップルのロマンチックな休暇など、素晴らしい機会には、これらの城での滞在を含むツアーに出かけるのが理想的です。また、イギリスには星評価に応じたさまざまなレベルのサービスを提供する一般的なホテルもあります。

以下にロンドンや他の都市の宿泊オプションをいくつか紹介します。

  1. 196 Bishopsgate は、ロンドン・シティにある4つ星ホテルです。47室の部屋にはテレビ、冷蔵庫、エアコン、バー、食器類、その他のアイテムが備えられています。
  2. North Lees Campsite は、イングランドのダービーシャーにある広々としたテントスペースのキャンプ場です。アウトドアレクリエーションに最適な場所です。
  3. Thistle Glasgow は、グラスゴーセントラルステーションからそう遠くない場所にある素晴らしい4つ星ホテルです。スコットランドの首都の中心部に位置していながら、場所は静かで落ち着いており、快適で清潔な部屋と美味しい朝食が自慢です。
  4. The Osbourne Hotel は、エディンバラの中心部にある2つ星ホテルです。予算に優しく非常に快適な選択肢で、無料Wi-Fiが利用できます。
  5. Wuthering Heights は、イングランドのヨークシャーにある小さなキャンプ場です。20分のドライブで、ジェーン・エアの著者シャーロット・ブロンテの博物館に行くことができます。古き良きイングランド風の小さく居心地の良いホテルで、テントスペース、清潔な寝具、美味しい食事、親切なスタッフを提供しています。

イギリスで長期滞在を計画している人は、部屋やアパートを借りるのがよいでしょう。部屋の方がはるかに安く、必要な書類も少ないです。ほとんどの場合、銀行の明細書や以前の家主からの推薦状を提出する必要はありません。しかし、部屋を借りたい観光客の数が、利用可能な部屋の数の10倍にもなるという問題があります。そのため、宿泊施設を探すのに数ヶ月かかることもあります。

しかしロンドンや国内の他の大都市でアパートを借りる場合は、異なる問題を抱えています。問題は物件の不足ではなく、高い価格と家主によって要求される多くの書類です。銀行の明細書、以前の家主やあなたの上司からの推薦状を提出する必要があります。

見どころ

イギリスは、古い城、橋、大聖堂、教会、博物館、国立美術館といった古代の遺産で世界中の旅行者を魅了しています。古き良き時代から受け継がれたものすべてが、ここでは優しく、丁寧に保護されています。

各都市や町には、歴史的な出来事や著名な人物を思い起こさせる名所があります。イギリスの文化遺産の一部を見るだけでも、数ヶ月から数年は必要でしょう。

では、何から見るべきでしょうか?

ロンドン

イギリスの首都は、それ自体が巨大な博物館です。その場所のいくつかは、観光スポットを超えて、昔から崇拝の対象となっています。

  • ビッグベンはロンドンの象徴であり、世界で最も有名な塔です。19世紀半ばにウェストミンスターに時計塔として建てられ、最初のキリスト教の殉教者である聖スティーブンにちなんで名付けられました。

    ビッグベンという名前は、時計塔の鐘の設置を組織し、監督したエンジニア、サー・ベンジャミン・ホールを称えて、機知に富んだ建設作業員によって付けられました。その名前はほぼ公式のものとして深く根付いています。

    ビッグベン

    ビッグベン

    写真はインターネットより
  • バッキンガム宮殿は、もう一つの有名なロンドンの観光地です。夏の間に、5万人以上の観光客がエリザベス2世女王の宮殿を訪れます。彼らは、豊かな庭園と人工の滝で開催される王室のレセプションを見るためにここに来ます。

    バッキンガム宮殿を訪れるもう一つの理由は、イギリスの君主の住居を守る衛兵であるクイーンズガードの交代式を見ることです。この儀式は4月から8月までは毎日、それ以外の月では隔日で行われます。

    バッキンガム宮殿

    バッキンガム宮殿

    写真はインターネットより
  • ロンドン塔は、約1000年前にウィリアム征服王によって建設された有名な要塞です。このイギリス首都で最も古い建物は、長い歴史の中で要塞、王立造幣局、刑務所、さらには動物園としても使われていました。

    ロンドン塔

    ロンドン塔

    写真はcntraveler.comより
  • タワーブリッジは19世紀の技術的驚異であり、当時としてはユニークな技術的解決策と優れたデザインを組み合わせています。

    この橋は可動式で、一日に5回持ち上げられる2つの跳ね橋で構成されています。このプロセスは、本物の船長と一団の船員によって管理されています。

    タワーブリッジ

    タワーブリッジ

    写真はletmeshowyoulondon.comより
  • マダム・タッソー館は、ロンドンで最も有名で最も訪問される博物館です。ここでは、著名な人物や悪名高い人物の等身大の蝋人形が、その身体の特徴や衣服のアイテムを細部にわたって正確に再現しています。館のコレクションには1,000体以上の蝋人形が含まれています。興味深いことに、一体の蝋人形を作るのに約3ヶ月かかります。

    ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館

    ロンドンのマダム・タッソー蝋人形館

    写真はfindingtheuniverse.comより

ストーンヘンジ

巨大な石が積み重ねられた神秘的な構造物をほとんどの人が見たことがあるでしょう。この謎に満ちた施設は、ウィルトシャー州のエイムズベリー町の近くに位置しています。

研究者たちは、紀元前30世紀に建設されたこの建築物の目的について依然として議論を交わしています。一部の人々はそれをドルイドの聖域だと言い、他の人々はかつての墓地または天文台だと考えています。いずれにせよ、この場所は謎に包まれているため、訪れることは必須です。それは強烈な印象を残すでしょう。

ストーンヘンジ

ストーンヘンジ

写真はインターネットより

カンタベリー大聖堂

これは、ケント州カンタベリーに位置し、11世紀初頭に建設された世界で最も古いキリスト教の大聖堂の一つです。カンタベリー大主教の座がここにあります。

大聖堂は、その壮大な建築、聖書のテーマに捧げられたステンドグラスの窓、四段式オルガン、そして礼拝を伴う聖歌隊で有名です。

カンタベリー大聖堂

カンタベリー大聖堂

写真はインターネットより

食事

イギリス料理は、シンプルであまり洗練されていないと考えられています。そして、それは部分的に真実です。多くの料理は、複雑な加工を避けるために最もシンプルな材料を必要とします。

実際には、国内に共通した料理はありません。各地域が独自のレシピや料理のルールを工夫しています。イギリス料理は、スコットランド、イングランド、ウェールズ、ジブラルタルの料理を含み、それぞれに独自の特徴があります。

例えば、スコットランドのレストランでは、必ずと言っていいほど、穀物、肉、または魚を使った濃厚なスープと、オート麦や野菜の付け合せを添えたたっぷりの肉シチューで構成される充実したランチを提供します。デザートには、熱い紅茶とクッキーやマフィンのような甘いお菓子が含まれます。

ウェールズは海に近いため、ウェールズ料理には魚料理のレシピが豊富です。しかし、肉もたくさん食べます。リーキ(ネギの一種)はウェールズの国の象徴であり、前菜とメインディッシュの不可欠な食材です。

ウェールズでは、羊肉、海の魚、帆立貝、エビが最もよく食べられています。観光客は、肉、野菜、ハーブ、オートミールを使った濃厚なスープであるカウルも試すべきです。カウルは非常に満足感があり、風味豊かで、このイギリス地域の真の看板料理です。

カウルのスープ

カウルのスープ

写真はnationalgeographic.co.ukより

ウェールズのデザートには、通常、紅茶とパンケーキ、マフィン、パイのような焼き菓子が含まれます。各家庭には、何十年もの間受け継がれてきた独自の家庭のレシピがあります。

オートミールのポリッジは、16世紀のスコットランドから来ています。それは、フライドベーコンと卵のスライスと共に、典型的なイングランドの朝食メニューに必須のものです。

イングランド料理の前菜は、スコットランドやウェールズのものほど濃厚ではありません。最も一般的な前菜は、肉のブイヨンとクルトンのカップです。

サンドイッチは、軽食ではなく、しっかりしたランチの食事と考えられています。冷たい肉や魚のスライス、チーズとシーフード、野菜とソースを使ったさまざまなバリエーションがあります。フィッシュアンドチップスもイギリスで人気の料理の一つです。揚げた魚とジャガイモは、多くの人々の間で何十年もの間、圧倒的な人気を誇っています。

フィッシュアンドチップス

フィッシュアンドチップス

写真はtastingtable.comより

午後5時のティーは、世界中で知られている伝説的なイギリスの伝統です。実際、ティータイムとは、簡単な軽食や甘いお菓子を食べるだけのものではありません。 

このフルコースには、満足感のあるサンドイッチ、スコーン、コールドカット(冷製肉)、チーズ、魚が含まれています。しかし、移民の流入や生活のペースの変化により、この伝統は現代の多文化イギリスではあまり守られていません。

イギリスのアフタヌーンティー

イギリスのアフタヌーンティー

写真はenglishminute.comより

イギリスには独自の飲酒文化があります。ここではパブが主導権を握り、来店者がビールのパイントでのどを潤すことができます。通常、それはラガーまたはギネス、つまりライトまたはダークビールです。人々は通常、ビールをチップスや塩味のナッツと共に飲みますが、もっと興味深いことに、来店者は一晩に最大10杯まで飲むことができます。

パブは単なるビールショップ以上のもので、まるで自分の家のような場所です。イギリス人は、単に飲み物を楽しむためではなく、おしゃべりをするためにここに来ます。実際、彼らは長年にわたって、お気に入りのパブでだけ話し相手とコミュニケーションを取り、外では決して交流しません。彼らは一度パブを選ぶと、その店にずっと通い続けます。

英国パブ

英国パブ

写真はcountryandtownhouse.comより

数多くのビールブランドに加えて、イギリスではスコッチウイスキージントニック(氷入り)、そしてピムスを飲みます。ピムスは、ジン、レモネード、ミント、氷、キュウリを組み合わせた冷たい飲み物です。実はこれはかなり強いアルコールで、酒がすぐに頭に回るため、暑い夏の日には注意が必要です。

イギリス人については様々な伝説が生まれています。彼らは上品で、冷たく、内向的であると言われています。しかし、これはある程度は真実です。実際には、彼らは自分の家をとても愛しており、信頼を置く人だけをそこに迎え入れます。イギリス人は動物を愛しており、無力な生き物を救うために自分自身の命さえ犠牲にすることがあります。

多くの人々は、長年にわたる伝統への敬意から、イギリス人をいくぶん風変わりだと考えています。しかし、彼らは完璧なユーモアのセンスでいまだに愛されています。それがイギリス王国です、偉大な帝国の末裔で、天気は朝に雨が降るか、午後に雨が降るか、一日中雨が降るかの3種類しかありません。

よくある質問

イングランドとグレートブリテンおよび北アイルランド連合王国の違いは?

いや、同じではない。イギリス(UK)にはイングランド、スコットランド、ウェールズ、北アイルランドが含まれる。英国は、北アイルランドを除くイングランド、スコットランド、ウェールズで構成される島を指す。

英国にはいくつの領土がありますか?

英国には14の海外領土がある。これらは英国の管轄・主権下にあるが、英国の一部ではない。

英国の近隣諸国とは?

英国の隣国は、西にアイルランド(北アイルランドと陸路で国境を接する)、海路で最も近い隣国であるフランス、ベルギー、オランダ、ノルウェーである。

イギリスの人口は?

イギリスの人口は6,600万人以上。

イギリスの首都は?

イギリスの首都はロンドンである。

英国にはどのような政府があるのですか?

英国は立憲君主制の議会制民主主義国家である。君主は国家元首であり、首相は政府のトップである。

英国の通貨は何ですか?

英国の通貨は英ポンド(GBP)である。

英国の主な宗教は?

キリスト教は英国の主要宗教であり、特に英国国教会に代表される英国国教会派である。

英国の標準語は何ですか?

英国の標準語は英語である。

イギリスにはいくつの言語があるのか?

英語のほかにも、ウェールズ語、スコットランド・ゲール語、アイルランド・ゲール語、コーニッシュ語など、いくつかの地域言語がある。

英国で最も有名なのは?

英国は、歴史的建造物、君主制、音楽や文学などの文化輸出、首都ロンドン、英国議会のような機関で有名である。

英国は経済大国か?

そう、英国は世界でも有数の経済大国であり、強力な経済力を持つと考えられている。

イギリスへ行くのにビザは必要ですか?

英国で必要なビザは国籍によって異なります。多くの国では入国にビザが必要ですが、ビザなしで短期滞在できる国もあります。

イギリスはEUの一部ですか?

いいえ、イギリスはもはやEUの一員ではありません。2016年のブレグジット国民投票を経て、英国は2020年1月31日に正式にEUを離脱した。

EU市民は英国を訪問するのにビザが必要ですか?

EU離脱後、EU市民が英国に長期滞在する場合はビザが必要になる可能性があるが、観光などの短期旅行であれば通常6カ月までビザなしで訪問できる。

なぜ英国はシェンゲン協定に加盟していないのか?

英国は国境管理を維持するため、シェンゲン圏に属さないことを選択した。この決定はブレグジット前になされた。

英国を訪れるのに最適な月は?

英国を訪れるのに最適な時期は、一般的に晩春(5月から6月)と初秋(9月から10月)です。これらの時期は、気候が穏やかで混雑が少なく、田園風景が咲き誇る自然の美しさや紅葉を楽しむことができます。夏の時期(7月と8月)も観光客に人気があり、気温が高く、日照時間が長くなりますが、この時期は主要な観光地では混雑する可能性があります。