Places

スペイン

by  Mitsuyo Yamamoto

目次

「プルス・ウルトラ」、つまり「さらなる高みへ!」というのが、スペインのモットーです。この国は、言葉に尽くせないほどの美しさに満ちています。8,000kmに及ぶ美しいビーチ、山々、オレンジ畑、そして常に笑顔で友好的な人々がいます。

基本情報

このヨーロッパで第4番目に大きな国は、ほぼイベリア半島全域に広がっています。しかし、スペインの領土はここだけにとどまりません。偉大なマドリード王朝の時代を今に伝えるカナリア諸島やバレアレス諸島、そしてアフリカのセウタとメリリャという飛び地もスペインの一部です。さらに、アフリカの地中海沿岸には、いくつかの主権を有する領域も存在しています。

歴史的背景

スペインは、1479年にフェルナンド2世と、カスティーリャ女王だったイサベル1世の結婚によって成立した国家です。この出来事が、分裂していたスペインの地を統一するきっかけとなりました。

この国はその前にも、ローマ時代、西ゴート王国、イスラム支配時代、レコンキスタなど、数々の複雑な時期を経験しました。イベリア半島の土地は何度も異なる支配者の手に渡り、イスラム軍の進出によって宗教の風景も大きく変わりました。

古地図で見るスペイン

古地図で見るスペイン

ストックフォト

700年に及ぶイスラム支配との戦いは、1492年にスペインとポルトガルのキリスト教徒の勝利で終結しました。

この年は、新しい土地を征服するための船を派遣していたスペイン帝国の歴史における転換点とされています。その中でも最も成功したのはクリストファー・コロンブスでした。彼は北米大陸を発見し、世界にその存在を知らしめましたが、当初は東洋に到達したと考えていました。

コロンブスは、その功績により「ドン」の尊称と多くの特権を授けられましたが、後にこれらは一度剥奪され、その後再び回復されました。

彼の最初の航海に続き、さらに3回の航海が実施されました。これらの船には司祭、政治家、労働者が乗り組み、新しいスペイン領土での植民地建設を目指して出発しました。

船の貨物室には、牛、羊、豚、そして野菜や果物の種が詰められていました。これは、植民地の日々の生活を迅速に整え、土地開発を始めるための徹底した準備でした。

重病にもかかわらず、コロンブスは彼の発見を通じて帝国を拡大しました。彼が発見した領土には、アンティル諸島、ジャマイカ、バージン諸島、キューバなどが含まれます。

コロンブスは1506年にセビリアで亡くなりました。彼の遺骨は長い間安息を得られず、最初はイスパニョーラ島(現ハイチ)、その後キューバへと移されましたが、最終的に19世紀にセビリアの大聖堂に安置されることとなりました。この伝説の探検家の墓は、今日も市内の大聖堂にあります。

北アメリカと南アメリカの土地の征服が進む中、スペイン帝国は世界各地の広大な領土を支配下に置きました。これは、大規模な領土拡張と宗教的植民地化を行った最初のヨーロッパ国でした。

メキシコ、チリ、ペルー、フィリピンなどアメリカ大陸の各地の住民はカトリックに改宗されました。

これは、18世紀初頭まで続いたハプスブルク家支配下のスペインの黄金期でした。最後のスペイン皇帝の死は、驚くべき富の主要な相続人であるアンジュー公フィリップ、神聖ローマ皇帝レオポルト、そして他の世界の君主たちによって待ち望まれていた瞬間でした。

30年に及ぶスペイン継承戦争は、スペインの敗北に終わり、アンジュー公フィリップが弱体化した帝国の王に即位しました。フランス、イングランド、オランダ、そして敵対関係にある親戚であるオーストリアのハプスブルク家が土地を獲得しました。

それにもかかわらず、これがかつての強大な帝国の衰退の始まりでした。19世紀には、北アメリカと南アメリカでスペイン支配に対する民族解放運動が勢いを増しました。

1920年代には、スペインの王権が大きく弱まり、王は権力を放棄しました。その後、ミゲル・プリモ・デ・リベラ将軍が軍事独裁政権を確立しました。

軍人による支配は長く続かず、1930年には将軍が国を去り、翌年にはアルフォンソ13世も退位しました。その後、一時的な無政府状態が急進化し、共和国へと移行しました。これは、元々王国だった国にとって大きな変化でした。

2年後、フランシスコ・フランコが内戦を経て権力を握り、より厳しい独裁体制を確立しました。政党活動は禁止され、新独裁者を支持するファランヘが合法化されました。

1947年、カウディーリョのフランコは王政復古を命じましたが、彼の死去まで王位は空位のままでした。1975年、フアン・カルロス1世が新たな国王に即位し、国はファシスト独裁から民主的な変革へと舵を切りました。

スペインは1986年からEU加盟国で、高度な技術を持つ農業が主要産業の発展した経済を持っています。ただし、北部と南部での発展は異なり、南部は失業率が高い一方、北部は工業製造の中心地です。

バスク地方とカタルーニャの自治州における分離主義運動は、さらなる課題をもたらしています。

地理と気候

スペインはフランス、アンドラ、ポルトガル、ジブラルタル、そしてアフリカのモロッコと国境を接しており、モロッコとの距離はわずか9キロメートルです。また、大西洋地中海に面しています。中央地域から海岸までは約300キロメートルの距離があります。

地理的地図 スペイン

地理的地図 スペイン

ストックフォト

スペインは多くの山脈と高原が特徴的な国で、領土の約90%が山岳地帯です。

気候は温暖で、ヨーロッパで最も暖かい地域の一つとされています。年間260日以上は晴れており、夏は乾燥して暑く、気温が40°Cに達することもあります。しかし北部は涼しく、25°Cから28°C程度です。冬は温暖で穏やかで、気温は-10°Cから-12°C程度まで下がります。時には北西部で寒さが厳しくなることもあります。

言語、人口、通貨

スペインの人口は約4600万人で、公用語はスペイン語ですが、バスク語、ガリシア語、アラン語、カタルーニャ語などの先住民族の言語も自治州で公式に使用されています。

世界中からの移民がスペインに集まり、全人口の約15%を占めています。彼らは温暖な気候、良好な環境、柔軟な法律、そして優れたビジネスチャンスに魅力を感じています。

ユーロはスペイン・ペセタに代わり、EU加盟後の公式通貨となりました。

ユーロ通貨

ユーロ通貨

ストックフォト

スペインへの90日を超える滞在にはビザが必要です。

アクセス方法

スペインへの旅行方法は多岐にわたります。特に他の大陸からの旅行者にとって、飛行機での移動が最も一般的です。

スペインは、イギリス、モロッコ、アルジェリア、イタリアと海路で繋がっているため、フェリーを使っての入国も選択肢の一つです。

スペインの旅

スペインの旅

ストックフォト

国際鉄道網を利用しての旅行も可能で、これはスペインへのアクセス方法としても人気があります。

また、バスや車での移動は、特に隣接する国々からの旅行者にとって便利な選択肢です。

宿泊施設の選び方

スペインのビーチリゾートでは、ハイシーズンが5月から10月まで続きます。夏に訪れる予定の方は、この時期のホテルの部屋やスイートの価格が高騰することを考慮に入れる必要があります。

しかし、他の月にも多くの観光客が訪れます。スペインへの訪問目的は人それぞれで、ビーチでの休暇だけが目的ではありません。スキー愛好者にも人気の山岳スキーリゾート、例えばシエラネバダ、ラ・ピニージャ、バルデスキは12月中旬から4月中旬まで多くの観光客で賑わいます。この期間も価格は上昇します。

シエラネバダ、スペイン

シエラネバダ、スペイン

ストックフォト

春はスペインの美しい緑とアーモンドの花が咲き乱れる季節で、様々な華やかな祭りが行われます。例えば3月にバレンシアで開催される「ファリャス」祭りなどがあり、参加を希望する場合は一ヶ月前の予約が必要です。というのも、宿泊施設の予約が急速に埋まるためです。

スペインの宿泊業界は発展しており、幅広い選択肢が用意されています。シンプルなホステルのベッドから高級ホテルのペントハウスまで、好みや予算に応じた宿泊施設が見つかります。

ただし、他のヨーロッパ諸国と比べると、スペインでの休暇は決して安価ではありません。

予算に合わせたホステル、ペンション、ホテルの例:

  • Pensión Azahar はセビリアにある2つ星のペンションで、家族連れに最適です。各部屋にはエアコン、バスルーム、ヘアドライヤー、テレビなどの設備が整っています。このペンションはセビリアの歴史地区にあり、アルカサルや大聖堂からも近いです。
  • Hotel Ramos はシレダに位置する1つ星ホテルです。部屋はシンプルながら快適で清潔で、バスルームとシャワーが備わっています。朝食とWi-Fiが無料で提供されます。
  • Stardust House はラス・パルマス・デ・グラン・カナリアの中心部にある素敵なホステルで、バスステーションに近い旧市街に位置しています。部屋はシンプルですが清潔で、料理も美味しいです。Wi-Fiは無料で利用可能です。
  • CH Murallas II はマドリードにあるコストパフォーマンスに優れたホテルで、プラド美術館から車で15分の場所に位置しています。部屋はシンプルで清潔、バスルームとエアコンが完備されています。スタッフは親切です。
  • Rodamon Barcelona はバルセロナの2つ星ホステルで、個室と共用スペースがあり、スタイリッシュなデザインの部屋には快適なベッドとエアコンが備わっています。シャワーとトイレは共用です。Wi-Fiの利用は無料です。

スペインで長期滞在を計画している方、特に就職活動などの目的であれば、アパートの検索をお勧めします。https://www.idealista.com/en/ などの専門ウェブサイトでは、手頃な価格で多様な賃貸オプションが見つかります。

観光スポット

この素晴らしい国の魂を感じるために、その美しい建築、美術館、国立公園、闘牛、フラメンコを必ず訪れてみてください。闘牛は心の強い方向けの迫力ある光景ですが、他の見どころも絶対にお見逃しなく。

スペインには、退屈な場所は一つもありません。どの地域にも、それぞれ独自の歴史、スタイル、そして忘れられない魅力が溢れています。

マドリード

スペインの首都マドリードは、1000年以上も前に誕生しました。初めは小さな集落で、要塞に囲まれていました。ムスリムの指導者ムハンマド1世が、レオンとカスティーリャの王国からの侵攻を防ぐためにその建設を命じました。

ムスリムの支配は、キリスト教徒とムスリムの長い戦い、レコンキスタにおけるスペイン人の勝利により終焉を迎えました。その後、マドリードは新たな文化的・政治的中心地として急速に発展しました。フェリペ2世の治世の16世紀半ば、首都としての地位を獲得しました。

今日、マドリードは中世からの多くの建築物が集まる場所として知られています。これらの建造物は、かつてヨーロッパの一流建築家によって設計され、建てられたものです。

マドリード王宮は、スペインの首都にある最も人気の高い観光スポットの一つです。その壮大さは圧巻で、約2000室もの部屋が迷路のように続いています。観光客が実際に訪れることができるのはそのうち50室ですが、その豪華な王室スイートだけでも十分に息をのむ美しさがあります。

貴重なアンティークの家具、高級なファブリックのカーテン、スタッコ装飾、金箔や珍しい木材を使った装飾品、豪華な絨毯、精巧な食器、絵画、武器のコレクションなど、どれもが深い感動を呼ぶものです。

マドリード王宮

マドリード王宮

ストックフォト

プラド美術館は、展示品の数と来館者数で、パリのルーブル美術館やサンクトペテルブルクのエルミタージュ美術館に匹敵する、ヨーロッパでも最も有名な美術館の一つです。この美術館には、ゴヤ、ベラスケス、ムリーリョ、エル・グレコといったスペインの名画家の作品群が完全に揃っており、ティツィアーノ、カラヴァッジョ、ボス、ラファエルといったイタリアの大家の傑作や、古代から17世紀・18世紀にかけての魅力的な彫刻や装飾美術品も展示されています。

開館時間は、月曜日から土曜日が午前10時から午後8時までです。日曜日と祝日は午後7時まで開いています。

プラド美術館

プラド美術館

ストックフォト

プエルタ・デル・ソル、別名「太陽の門」は、マドリードで最も有名な広場の一つです。ここでは、スペイン首都のシンボルである「熊とイチゴの木」の像や、マドリードを衰退から立て直した改革者、カルロス三世王の像を見ることができます。

マドリードの隅々には驚きの見どころが溢れています。カサ・デ・カンポとブエン・レティーロの壮大な公園、かつて王宮であった市長の住居があるシベレス広場、さらには数多くの美術館が訪れる人々を魅了します。

プエルタ・デル・ソル「太陽の門」

プエルタ・デル・ソル「太陽の門」

ストックフォト

バルセロナ

カタルーニャの首都であるバルセロナは、カタルーニャ人によって「伯爵の都市」と愛称で呼ばれています。世界で最も美しい都市として常にトップクラスに位置づけられています。

旧市街、その中でもゴシック地区ラ・リベラエル・ラバルは、特に観光客の注目を集めています。狭くて自転車には不向きな通りや、無秩序に点在する建物は、中世の雰囲気を今に伝えています。ゴシック地区には、ローマ帝国のカエサル・アウグストゥス時代にさかのぼる古代の建物の遺跡も残っています。

ゴシック地区のガイド付きツアーの出発点は、13世紀から15世紀に建造されたバルセロナの守護聖人に捧げられた聖クロスとサン・エウラリア大聖堂です。

バルセロナ、ゴシック地区

バルセロナ、ゴシック地区

ストックフォト

プラサ・サン・ジャウメ(セント・ジェームズ広場)も見逃せない場所です。かつてはローマのフォーラムが存在したこの地には、現在市庁舎やカタルーニャ自治政府の宮殿が立ち並んでいます。

エル・ラバルを訪れる観光客は、スペインの建築家アントニ・ガウディユニークな作品を直接目の当たりにします。彼はバルセロナに捧げた傑作が数多くあります。

その作品群には、プラサ・レイアルの街灯から始まり、彼の心血を注いだサグラダ・ファミリア、裕福なバルセロナ市民のために設計された家々が含まれています。中でもカサ・バトリョやカサ・ミラは、その奇抜な形や視覚的効果で特に有名です。

バルセロナの美しさに心奪われた訪問者たちは、名所を背景に華やかな自撮りや写真を撮っていますが、その際にスリの危険にさらされていることを知らずにいます。

バルセロナは、世界で最も美しい都市の一つの空の下でくつろぐ裕福な旅行者を引き寄せることで、スリや小規模な窃盗犯たちの楽園となっています。

バルセロナの鳥瞰図

バルセロナの鳥瞰図

ストックフォト

この地域では、小規模な窃盗が一般的で、カタルーニャの法律ではほとんど罰せられません。ただし、窃盗犯が多くの告発を受けると、罰金が科されることがあります。

警察への申告は効果が限られているため、財布や宝飾品、その他の貴重品には特に注意を払うことが重要です。

セビリア

スペイン人たちは、「セビリアを訪れない人は、まだ奇跡を見ていないということだ」とよく言います。彼らはこの都市を国内で最も魅力あふれる場所の一つと見なしています。かつてフェニキアの定住地があった場所にローマの植民地として成立し、その後地中海の大港として、またアラブの州イシュビリア(アラビア語: إشبيلية)の中心地として栄えました。この都市名がアラビア語起源であるという説もあります。

セビリアの黄金時代は、15世紀から17世紀にかけての北米と南米の植民地化の時代でした。この都市は、クリストファー・コロンブスが発見したばかりの西インド諸島との活発な貿易を背景に、スペイン帝国で最も重要な港の一つとなりました。

多くの住宅、商業アーケード、大聖堂、宮殿の建設によって、セビリアは急速に拡大しました。現在の観光名所の多くは、この時代に建設されたものです。

今日、観光客はカスコ・アンティグオと呼ばれる都市の歴史的な地区の曲がりくねった狭い通りを散策するのを楽しんでいます。この地区の建物は、内庭に至るまで大理石で装飾され、ローマ皇帝の宮殿を彷彿とさせるほどの豪華さを誇ります。

セビリアは、その美しい噴水で知られる街です。彫刻や古典的な作品に沿った美しい滝は、訪れる人々を魅了します。

スペイン、セビリア

スペイン、セビリア

ストックフォト

特に、聖マリア・デ・ラ・セデ大聖堂、別名セビリア大聖堂は見逃せません。15世紀と16世紀のゴシック建築の傑作であり、世界最大級のキリスト教大聖堂の一つで、世界で最も大きなゴシック教会としても知られています。

セビリア大聖堂自体が圧巻ですが、何世紀にもわたり収められている宝物も非常に価値があります。ここでは、ムリーリョ、ゴヤ、ベラスケスなどの偉大なスペインの画家たちの作品や、初期印刷本、コロンブスの手稿、古書などが収蔵されているコロンブス図書館を訪れることができます。

聖マリア大聖堂(セビリア大聖堂)

聖マリア大聖堂(セビリア大聖堂)

ストックフォト

さらに、セビリアは世界的に有名なスペインの伝統芸能、コリーダの発祥の地でもあります。市内のマエストランサ闘牛場(Plaza de toros de la Real Maestranza de Caballería de Sevilla) は、14,000人を収容でき、マタドールにとって最も名誉ある舞台とされています。アドレナリンが沸き立つ興奮を味わうには、4月から10月が最適です。

闘牛は主に日曜日に開催されますが、血なまぐさい演技に心が優しい人は見るのを遠慮した方がよいかもしれません。地元の闘牛博物館では、勇敢なマタドールの華やかな衣装や有名なトレロスの肖像画が展示され、訪問者を魅了しています。

セビリアのアルカサルは、世界中の観光客を引き付けるもう一つの魅力的な場所です。アルカサルは一般に要塞として知られていますが、8世紀から14世紀にかけてムスリム統治下のイベリア半島で建設された宮殿と非常に似ています。

セビリアのアルカサル

セビリアのアルカサル

ストックフォト

このアルカサルは、アラブのアルモハド朝の要塞建設に起源を持ちますが、レコンキスタの時代にほとんど破壊されました。その後、スペインの建築家がその跡地に壮大な宮殿複合体を建設し、それは後の数世紀にわたり王室の居住地となりました。

今日、この宮殿とその敷地は改修され、よく手入れされており、スペインを訪れる人々の関心を惹きつけています。また、この場所は映画業界からも注目され、カルト的人気を誇るテレビシリーズ「ゲーム・オブ・スローンズ」の撮影地としても使われました。

スペインの食文化

スペイン料理はその美味しさと個性で、美食ツアーにぴったりです。国の各地には、その地方ならではの料理が特徴です。

  • アンダルシアでは、暑い季節には冷たく濃厚なトマトスープ「ガスパチョ」をぜひ味わってください。
  • マドリードでは冬に、有名なマドリード風煮込み料理がおすすめです。様々な種類のソーセージ、ベーコン、ミートボール、豆、米、キャベツ、玉ねぎなどを入れ、オリーブオイル、ハーブ、スパイスと共にじっくり煮込まれたこの料理は、熱々で提供され、その味わいは絶品です!
  • バスク地方は、情熱的で好戦的な気質の住人とは対照的に、絶品料理で知られています。ここでしか味わえないのが、「チャコリ」というワインで煮込んだサバです。このワインは肉や魚、ソースの調理に用いられ、ジューシーなスペイン産トマト、玉ねぎ、オリーブオイル、人参、ピーマンを加えて調理されます。その結果、柔らかく高級感溢れる魚料理が完成します。
  • ナバーラは多くの驚きを提供する地域ですが、その料理の伝統は特に際立っています。オリジナルのナバーラ産ラム肉を味わいたいなら、炭火でじっくりローストされたジューシーで柔らかな肉料理をぜひお試しください。この地域でよく食べられる茹でたり、焼いたり、煮込んだアーティチョークと野菜サラダを添えると、本格的なナバーラ風ディナーの出来上がりです。
  • スペインの別の食の伝説、スペインの別の食の伝説、パエジャ バレンシアーナ(バレンシア風パエリア)も見逃せません。米、鶏肉、魚、またはシーフードを使ったこの熱々のディナー料理は、サフランが米に鮮やかな黄色を与えることが特徴です。も見逃せません。米、鶏肉、魚、またはシーフードを使ったこの熱々のディナー料理は、サフランが米に鮮やかな黄色を与えることが特徴です。

スペイン料理の独特な特徴は、デザート以外のすべての料理にニンニクが使われることです。ニンニクは主菜、副菜、ソース、サラダに欠かせない成分で、使用量はレシピによって異なります。

スペイン人は肉のデリカテッセンを深く愛しており、各地域には古くからのソーセージやハムの独自のレシピが存在します。

スペインで特に有名なのが、乾燥熟成された骨抜き豚肉、ハモンです。白豚から作られるハモン・セラーノと黒イベリア豚から作られるハモン・イベリコの2種類があり、特にハモン・イベリコは高い評価を受け、非常に高価です。この素晴らしい国からハモン・イベリコを少しでもお土産に持ち帰ることをおすすめします。

スペイン珍味のハモン

スペイン珍味のハモン

ストックフォト

また、スペインの宴会には欠かせないのが前菜です。中でも、国民的なサンドイッチやスナックの変形であるタパスやピンチョスが特に人気です。

スペインにはタパスとピンチョスの違いがあり、それは名前だけでなく目的にも表れています。タパスはワインやビールなどのアルコールに合わせる簡単なスナックとして、全国のバーやレストランで提供されています。一方で、ピンチョスは一品としての前菜として捉えられています。

タパスは、手軽に作れるサンドイッチや、ナッツ、ドライキュアソーセージ(サラミなど)のスライスなど、飲み物と一緒にすぐに楽しめるものです。一方、ピンチョスはフライドバゲットの上に魚、アンチョビ、エビ、ムール貝などの海産物を載せ、レタスやその他の緑の野菜、キュウリ、トマトと共に提供される別の料理です。

ピンチョスがタパスと異なるのは、サンドイッチに刺すための不可欠な串が使われる点です。「ピンチョス」という名前はスペイン語で「串」を意味しており、タパスは通常無料のスナックであるのに対し、ピンチョスはそうではないことが一般的です。

甘いものが苦手な方でも、スペインのデザートを一度は試してみる価値があります。その味の繊細さ、変わった材料の組み合わせ、独特の調理方法が、スペインの甘いものを他とは一線を画すものにしています。

この国を訪れた旅行者は、クレマ・カタラーナ(カタルーニャ原産の美味しいキャラメルスフレ)、カナリア諸島発祥の繊細なアーモンドクリーム、イエマス・デ・サンタ・テレサ(セント・テレサの黄身、シナモン、砂糖、レモンジュースを使ったデザート)などの特有の美味しいものに驚かされるでしょう。

スペインには、特定の祝日にだけ作られる特別な甘い料理があります。たとえば、1月6日の公現祭では、「三賢者の日」として赤ちゃんイエスに贈り物をした三賢者を称えます。この日には、キャンディーフルーツやナッツで飾られたイースト生地の「ロスコン・デ・レイェス」を焼く伝統があります。

クリスマスには、ポルボロンというナッツ入りのサクサクとしたショートブレッドが各家庭で焼かれるのが一般的です。

スペインの飲み物は、心を高揚させるものや、爽やかな気分にさせるものが主流です。だからこそ、コーヒーや果汁、ワインベースのリフレッシュできる飲み物が特に好まれています。

特に人気なのはサングリアとサイダーです。サングリアは、フルーツやスパイスを浸した赤ワインにリキュールや炭酸水を加えた飲み物です。

サイダーはアストゥリアス産のリンゴワインで、シドレリアと呼ばれる場所で注がれるサイダーの提供方法は、見事なパフォーマンスです。高い位置から直接グラスに注がれる金色のドリンクは、泡立たずにグラスの縁を伝って流れるように注がれます。この素晴らしい光景は多くの観光客を魅了します。

スペインは、訪れる人々に対して温かく、気前の良いもてなしを提供する国ですが、高潔さを保ち、堅固な原則に基づいています。祖先から受け継いだ貴重なものを大切にしながら、スペイン自身のように美しい未来を着実に築いています。