Persons

安住紳一郎

安住紳一郎(あずみ・しんいちろう)さんは北海道出身のアナウンサーです。TBSのニュースやバラエティなど、多くの番組に出演されているまさに売れっ子。テレビで見ない日はないといってもいいほど、いろんな活動をされています。ここではそんな安住紳一郎さんのプロフィールを紹介しながら、その人物像に迫ります。

by  Hokuto Takemoto

目次
安住紳一郎

プロフィール

安住紳一郎(あずみ・しんいちろう)さんは明治大学文学部文学科を卒業後、アナウンサー試験を受けTBSに合格。1997年4月、アナウンサーとしてTBSテレビに入社しました。

「情報!もぎたてサラダ」「はなまるマーケット」「ジャスト」「さんまのSUPERからくりTV」など、多くの著名な情報番組やバラエティ番組に出演。それだけでなく、「GOOD LUCK!!」や「愛の劇場・吾輩は主婦である」などといったドラマにも役者として起用されています。2021年10月からは、平日早朝の全国ネット向けの生放送番組「THE TIME,」でメインキャスターを担当しています。

安住紳一郎

プライベート

安住紳一郎さんは大学時代に中学校・高等学校国語科の教員免許を取得しており、また、話しことば検定の1級も所持しています。影響を受けたアナウンサーとしては久米宏さん、古舘伊知郎さん、木村洋二さんの名が挙げられています。交友関係があるのは、同期のアナウンサーの伊藤隆太さん、小倉弘子さん、プロデューサーの石丸彰彦さん、竹内由布子さん、後輩の田中みな実さん、浪人時代一緒だった大泉洋さん。現在独身で未婚、お姉さんが1人。女優の原千晶さんは従姉妹。

普段心がけているのは、「美しい言葉や品のいい言葉をストックすること」。大和言葉を調べて覚えておいたり、メールや手紙の定型句を変えてみたりと、言葉に非常に気を配った生活をされています。また、休日に乗馬やそば打ちに行くこともあるということです。地元北海道のとかち観光大使を務める他、醤油好きが高じて2018年、日本醤油協会公式の初代「しょうゆ大使」に任命されています。

代表的な出演番組

2000年に「日本レコード大賞」の中継リポーターを、2001年に「中居正広の金曜日のスマたちへ」「日本レコード大賞」で進行アナウンサーを。2003年「ぴったんこカン・カン」、2008年に「情報7daysニュースキャスター」がスタートしメインキャスターに。2011年には年1回の大型生放送音楽番組「音楽の日」がスタートし、現在まで総合司会を。2012年、「日本レコード大賞」の総合司会に抜擢され、同年「THE TIME,」がスタートし、そこではメインキャスターに。また、TBSアナウンサーで唯一「笑っていいとも」に出演。これまでに担当した主な番組には以下のような作品があります。

「ジャスト」「はなまるマーケット」「ドリームプレス社」「明石家さんちゃんねる」「レシート拝見(おはようグッデイ・エクスプレス)」「徳光&安住の感動再会“逢いたい!”SP(1)〜(8)」 「レコード大賞 2001〜2008」「ザ・ベストテン2000〜2006」「フードバトルクラブ」「麺王」「ファイトTV24」「徳川埋蔵金大発掘SP 1998〜2001」「ドリームプレッシャーSP(1)〜(4)」「さんま・玉緒の夢かなえたろかSP 1999〜2008」「1秒の世界SP 2005〜2007」 「プライスハンター」「参議院選挙特番2004」「日本のお笑いBEST100」「久本・かつみ温泉」「ワイドショー30年史」「アテネオリンピック」「直木賞特番」「家計簿SP SP(1)〜(6)」「激闘大家族SP(1)〜(4)」「DOORS (1)」「セカチュー特番」「世界フィギュア2002」「韓国警察密着SP」「JNN女子アナSP」「TVのチカラ」「THE!激突!!」「情報もぎたてサラダ」「おウチへ帰ろう」「地震特番2005、2008」「ダーウィンSP」「イメージ大検証SP」「くりいむしちゅー特番」「筑紫哲也・安住紳一郎NYテロ5年目の真実」「アイスガールズ「ダイアナ妃特番」「日本初お魚バラエティギョギョ・スペ!!」「真実の衝撃 筑紫・安住の報道2007」「古代ローマ1000年史!!空前の巨大帝国全解明SP」「QUIZ!50/50」「CDTV15周年SP」「あなたが聴きたい歌の4時間SP」「頑張った人TV大賞」「爆笑問題平成20年史SP」「あの戦争は何だったのかSP」「ラジオ・安住紳一郎の日曜天国」「映画・あずみ2 Death or Love」「のぼうの城」など。また著書に、初エッセイ本「局アナ 安住紳一郎」、齋藤孝さんとの共著「話すチカラ」など。

アナウンサーとしての活躍

2019年に2階級特進の辞令を受け、「部長」を通り越して「局次長」に。2020年には「局次長」から「局長」へと異例のスピード出世!2023年7月にはTBSテレビにおける役職が「総合編成本部アナウンスセンター役員待遇エキスパート職」となり、TBS史上初の現役アナ役員待遇昇進を果たしました。

2000年代から、TBSの「看板アナウンサー」と位置づけられ、オリコンが実施した「好きな男性アナウンサーランキング」で5回連続1位に。2009年には殿堂入りを果たしています。

過去の受賞歴

  • 2001年アノンシスト優秀賞
  • 2007年アノンシスト最優秀賞
  • 2010年第34回JNN協議会賞
  • 2016年第19回みうらじゅん賞
  • 2019年第27回橋田賞
  • 2023年第60回 ギャラクシー賞DJパーソナリティ賞

現在注目されているTV番組など

現在出演中の番組には、レギュラー番組に「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」「情報7daysニュースキャスター」「THE TIME,」、特別番組に「輝く!日本レコード大賞」「音楽の日」があります。また、日曜朝10時から約2時間の生放送となっているTBSラジオ(FM90.5&AM954)「安住紳一郎の日曜天国」ではメインパーソナリティもされており、ここではテレビでは語らない安住アナのホンネがたっぷり楽しめるんだとか。(メッセージは nichiten@tbs.co.jp まで。)

「会社のネコになりたい」というユニークな視点を持つ安住紳一郎さん。業界の変化を肌で感じていたいと、今でも精力的にテレビ出演を続け、週に6日の長時間生放送を担当されています。毎週月曜から木曜は深夜2時に起きて、朝5時20分からの情報番組「THE TIME,」の総合司会を。土曜夜は「情報7daysニュースキャスター」、続いて日曜午前のラジオ「安住紳一郎の日曜天国」にてパーソナリティを。「テレビやラジオへの愛は誰にも負けません。」と、テレビ業界が厳しい状況にある中も自分にできることを尽くしていきたいということ。どこまで出世していくのか、そしてどこまで現役を続けていかれるのか、この先が非常に楽しみな看板アナです。

個人SNSはないようですが、TwitterにTBSラジオ安住紳一郎の日曜天国(@nichiten954)と、TBS『THE TIME, 』(@THETIME_TBS)が。また、安住紳一郎の日曜天国の公式YouTube(https://youtube.com/@nichiten954)で情報を追うことができます。