Currencies

オーストラリアドル

オーストラリア・ドル($、A$、AUD)は、オーストラリアと、クリスマス島、ノーフォーク島、ココス諸島などの英連邦諸国の通貨である。また、太平洋の独立国家であるキリバス、ナウル、ツバルでも使用されています。

by  Mitsuyo Yamamoto

目次

オーストラリアドルは世界で6番目に多く取引されている通貨で、外国為替市場では5%のシェアを占めています。

歴史的背景

オーストラリア大陸が開かれたのは、北米大陸よりもずっと後のことだった。オランダ人航海士が西海岸の地図を描いたのは1650年代。ジェームズ・クック船長の到着によって初めて、新大陸の本格的な探検が始まった。当初は、そこに囚人を移送する計画があった。

1788年、イギリスの新しい植民地、ニュー・サウス・ウェールズが大陸に誕生した。そして1828年、大英帝国は西海岸を掌握し、後に大陸全体にその勢力を広げた。

20世紀初頭まで、植民地人は英ポンドを首都圏の通貨として使用していた。しかし、ニュー・サウス・ウェールズでは1813年以来、穴のあいたドル、つまり真ん中が打ち抜かれたスペイン硬貨が使われていた。

これらのドルは、「ダンプ」と呼ばれる小銭(中銭)と同様に、正当な支払い手段と考えられていた。ドルには5シリング、ダンプには15ペンスの価値があった。

英国の国家通貨ポンドが誕生したのは1825年のことだった。それから70年後、ポンドはオーストラリア大陸全体で統一された決済手段として承認され、1910年まで存続した。1901年、オーストラリア大陸の6つの植民地とタスマニア島からなるオーストラリア・ドミニオンという名の新しい国が世界地図に登場した。9年後、最初の国家通貨であるオーストラリア・ポンドが発行された。1ポンドは、英国のメトロポリタン貨幣のパターンに従って20シリングに相当した。

オーストラリア・ポンドと英国ポンドは、1964年まで1ポンド=1ドルの為替レートで全ドミニオン領内で流通していた。

現在のオーストラリア・ドルは、1966年に10進法へ移行した際に発行された。それ以来、豪ドルは100セントに細分化されています。為替レートは1豪ドル=2.5ポンドでした。

ポンドが米ドルに切り下げられたため、新しいオーストラリア通貨は米ドルに固定され、その後、主要経済パートナーの通貨に固定された。当初は固定相場だったが、1983年以降は変動相場となった。

オーストラリアの紙幣と硬貨は1966年に発行が開始された。当初は、1豪ドル、2豪ドル、10豪ドル、20豪ドルというように、英国ポンドに厳密に準拠した紙幣が発行されていたため、50豪ドル紙幣は存在しなかった。

オーストラリア国民が10進法制度に慣れるまで、丸1年かかった。1967年、最初の5ドル紙幣が発行されました。

50ドル紙幣は1973年に、100豪ドル紙幣はその11年後に発行されました。同年、1豪ドルの紙幣は同じ額面の硬貨に置き換えられた。1988年には、2豪ドル紙幣もそうなった。

当時、オーストラリア建国200周年を記念して、初のポリプロピレン紙幣が発行された。そこにはジェームズ・クックの肖像が描かれていた。それは、反射の角度によって常に変化する絵だった。現在、オーストラリアの紙幣はすべてポリプロピレン製である

オーストラリア・ドルの紙幣

オーストラリア・ドルの紙幣

写真はインターネットより

デザイン

オーストラリアでは2014年から新世代の貨幣が発行されている。旧バージョンとの主な違いは、偽造防止機能が強化されたことと、視力に問題がある人のために触覚マークが付いたことである。

オーストラリアドルの紙幣は幅65mmで、長さは130mmから158mmまで様々です。裏面にはエリザベス2世をはじめ、オーストラリアの歴史に名を残す人物が描かれている:

  • A$5は、65mm×130mmの淡いモーブ色の紙幣で、表面に英国女王、裏面に国会議事堂が描かれている。保護窓からはユーカリの花が見える。後に発行された同じ絵柄の明るいモーブ色の紙幣もある。オーストラリア国会議事堂には、新しい建物の輪郭が加えられている。
  • 2001年シリーズのA$5は、表面にヘンリー・パークズ卿、トム・ロバーツの絵画、フェデレーション・パビリオン、メルボルンの王立展示館が描かれた紙幣である。裏面には、キャサリン・スペンス、オーストラリア国歌の一部、著名な州民の小さな肖像画が描かれている。透明窓は葉の形をしている。
  • A$10は1993年に発行された青色紙幣で、サイズは65mm×137mm。表面には詩人バンジョー・パターソン、彼の詩からの抜粋、風車、馬、ワルツィング・マチルダのサインが描かれている。裏面には作家メアリー・ギルモアと彼女の署名、荷車が描かれている。透明窓には風車が描かれている。
  • A$20紙幣は赤橙色で、サイズは65mm×144mm。表面には、元囚人だが後に貿易商として成功したメアリー・レイビーと、彼女のスクーナー船マーキュリー号、コンパス、シドニーの自宅が描かれている。裏面にはジョン・フリン牧師の肖像、彼の飛行機、ダイアグラム、ラクダに乗った男が描かれている。透明な窓の中央にはコンパスと数字の「20」。
  • A$50は65mm×151mmの黄色い紙幣で、オーストラリアのエンジニアで発明家のデビッド・ウナイポンが描かれている。彼の発明品である羊のバリカン、彼の原稿からの抜粋、教会、ンガリンジェリ族、南十字星が肖像画の周りに描かれている。裏面には政治家エディス・コーワン、母子の肖像、西オーストラリア州議会の建物、コーワンの演説の抜粋が描かれている。
  • A$100は1996年に発行された緑色の紙幣で、サイズは65mm×158mm。表面にはオペラ歌手ネリー・メルバと彼女の劇場、彼女が出演した劇のエピソードが描かれている。右側にはコトドリが描かれている。裏面には、ジョン・モナシュ将軍とそのサイン、功労ボタン、メルボルンの記念碑が、右側の戦場とともに描かれている。透明な窓の中央にはコトドリと数字の「100」が描かれている。

オーストラリアの硬貨は、王立オーストラリア造幣局(Royal Australian Mint)のみが鋳造している。硬貨の裏面にはエリザベス2世の肖像が描かれている。5セント、10セント、20セント、50セント、1豪ドル、2豪ドルが流通している。1cと2cの端数は廃止された。硬貨は、キュプロニッケル、銅、ニッケル、アルミニウムなど、さまざまな組成の合金でできている。

オーストラリア・ドル硬貨

オーストラリア・ドル硬貨

写真はインターネットより

50セント硬貨の記念シリーズがある。1970年、オーストラリアの探検家ジェームズ・クックの肖像が描かれたコインが発行された。その後、3回発行された。1977年、エリザベス2世即位25周年記念コイン。1981年、チャールズ皇太子とダイアナ・スペンサー夫人の結婚を記念して50セント硬貨が発行された。1982年には、コモンウェルスゲームズを記念したコインが発行された。特別シリーズとして発行された希少な20セント硬貨や1ドル硬貨は、コイン・コレクターの大きな関心を呼んでいる。

世界のオーストラリア通貨

国内の経済・政治情勢は安定している。通貨市場の機能に対する政府の介入はない。金利もかなり高い。これらすべての特徴が、信頼できる投資手段として豪ドルに世界の企業の関心を集めています。豪ドルは、証券取引所のプレーヤー、特に金利差を専門とするプレーヤーにとって興味深い存在です。

オーストラリアドルは、石油、金、農産物を大量に輸出しているため、商品通貨とみなされています。オーストラリアの相手国のほとんどはアジア諸国に集中しており、中国がそのリーダーである。